飲酒運転の罰則・刑罰などについて

飲酒運転をしているために警察から停止を求められても逃げ出したり、人身事故を起こしてもひき逃げしたりする人がいますが、これは飲酒運転の罰則等が厳しくなったということを知っているからだと思いますが、具体的にどんな罪になるのかを理解していない方も多いのではないかと思います。

そのため飲酒運転を隠すために、より大きな罪を重ねて事態を悪化させてしまう方も多いと思われます。

そこで実際に飲酒運転がどのくらいの罰則があるのかをまとめてみたいと思います

飲酒運転の罪について

飲酒運転とは?

飲酒運転には3段階の犯罪レベルがあります。「酒気帯び運転」に2段階と「酒酔い運転」と呼ばれるもので酒気帯び運転の方が軽い罪となります。

軽い飲酒とされる「酒気帯び運転」の判定は警察官に風船を膨らますように言われて呼気中にあるアルコール量を調べて一定の数値を超えると、超えた量に応じて軽度と重度に分かれます。

 

「酒気帯び運転」より罪がはるかに重い「酒酔い運転」とは、呼気に含まれるアルコール量に関係なく、正常な運転ができない状態での運転を言います。

つまり正常な運転ができる状態で、呼気に一定量のアルコールが検出されれば酒気帯び運転に該当し、0.15未満でアルコールが検出されなくても正常な運転ができないとされれば酒酔い運転に該当するということになります。

飲酒運転の刑罰について

飲酒運転の場合には、違反点数だけではなく懲役・罰金などもあります。

また実際に車を運転したものだけでなく、車両を飲酒した者に貸した人や車に同乗した者、お酒を飲ませた店等も罪に問われます。

飲酒運転した者の罪

 

車両提供者、同乗者の罪

 

飲酒運転の場合の事故の罪の重さについて

自動車運転過失致死傷罪

自動車運転中に過失により人を死傷させてしまった場合には7年以下の懲役もしくは禁錮又は100万円以下の罰金

 

危険運転致死傷罪

アルコールや薬物などで正常な運転ができない状況で人死傷させた場合には、以下の2つが適用されます。

負傷事故の場合・・・15年以下の懲役

死亡事故の場合・・・1年以上の有期懲役

※1年以上の有期懲役というのは、殺人と同じくらいの20年の懲役刑が科せられることもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA