無免許運転や飲酒運転の自動車の交通事故の被害者になった場合、保険はどうなるの?

無免許運転や飲酒運転での事故は保険金は支払われないのか?

被害者は保険会社に損害賠償を請求することができます。

飲酒運転や薬物使用など正常な運転ができない場合

飲酒運転や薬物により正常な運転ができない場合には、交通事故に遭遇しても運転手やその同乗者は、車両保険など自分のための保険金を受けとることができません。

しかし被害者が受けた損害賠償については被害者救済の観点から保険金は支払われます。

この対象は人身賠償のみならず、対物賠償にも適用されるため被害者は損害賠償に対して加害者(保険会社)に対して請求することができます。

無免許運転など運転資格がないものの事故

無免許で運転するなど運転資格がない場合においても、被害者は加害者(保険会社)に損害賠償を請求することができます。

無免許運転とは、免許を一度も取ったことのないものだけでなく、免停中であったり、免許の取消処分を受けたもの、更新を忘れていたものを含みます。

ここでいう無免許運転は、自動車の運転ができるが運転するための資格がない人を幅広く含めます。

また運転時にたまたま免許を保持するのを忘れていたものは、免許不携帯であって無免許には該当しません。

 

保険金請求できない場合もあるので注意です。

被害者救済の観点から、被害者は交通事故で死傷した場合には、かなり幅広く保険金の請求を行うことができますが、保険金が支払われないケースもあります。

加害者が故意により死傷させた場合

殺人目的で自動車が使用された場合には、保険会社は免責となり、被害者は保険会社に保険金の請求をすることができなくなります。

被害者が加害者の身内であった場合

自賠責保険と任意保険で他人の範囲が異なりますが、自動車保険は他人に対してしか保険金が支払われません。

自賠責は、自動車の所有者と運転手以外が他人になるのに対し、任意保険の他人は、家族は含まれず、一般常識の他人に近いものがあります。

また家族以外でも業務上使用者と使用人の関係だったりする場合にも保険金は支払われません。

自賠責保険の補償範囲と保険金が支払われる対象者について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA