飲酒運転でも自分や同乗者のために利用できる保険とできない保険について

飲酒運転で、交通事故を起こした場合には相手被害者に対しては、被害者救済の観点から、対人賠償保険も対物賠償保険も利用することができます。

しかし飲酒運転していた運転手本人や同乗者については、どの保険が利用できて、どんな保険が利用できないのでしょうか?

飲酒運転でも使える保険

自賠責保険について

自賠責保険は、治療費や亡くなったり、後遺障害があった場合に支払われる保険になります。

しかし、車両の所有者や運転手自身は自賠責保険の補償対象にはなっていません。

運転手(飲酒運転) ×
同乗の車両所有者 ×
同乗していた運転手の家族、車両所有者の家族
他人の同乗者

 

任意保険について

人身傷害補償保険

交通事故で車の搭乗者が怪我をしたり、命を落した場合に支払われる保険金です。

飲酒運転のような重大な過失があるとされる場合には、免責事項に該当し、運転手に対しては保険金が支払わません。

運転手(飲酒運転) ×
同乗した車両の所有者 ×
同乗していた運転手の家族、車両所有者の家族 ×
他人の同乗者 ×

 

※最終的には保険会社の判断となりますが、運転手が正常に運転できない場合には、この補償自体が免責されてしまう事が多いです。

搭乗者傷害保険

搭乗中の全員を対象に、自動車事故で受傷した部位や内容に応じて、あらかじめ決められた金額が支払われる保険です。

人身傷害保険と同様、被保険者の重大な過失・酒気帯び運転・自然災害などにおける自動車事故は補償対象外となるケースがあります。

運転手(飲酒運転) ×
車両の所有者
同乗していた運転手の家族、車両所有者の家族
他人の同乗者

 

結論からいうと保険金が支払われることもあるようですが、飲酒運転は免責対象になっていて、基本的には難しいものと思われます。

最終的には保険会社の判断になります。

車両保険

まったく保険金は支払われません。

 

まとめ

飲酒運転で保険金がきちんと支払われると言えるのは、被害にあった相手のみです。

それ以外については、保険会社の判断によるものになりますが、同乗者も運転手が飲酒している事を知ってて同乗している場合には重大な過失がある考えられ、厳しい結論になる話を良く聞きました。

自賠責保険では保険金を受け取れる可能性がありますが、運転手や車の持ち主は保険の対象外になるのが注意点になります。

飲酒運転をしないことは重要ですが、飲酒運転の車に乗らない事も大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA