警察から逃げるために故意に起こした事故でも、被害者救済のために自動車保険が支払われる?(未必の故意の取り扱い)

被害者保護の観点から対人・対物保険は飲酒運転や無免許運転、薬物使用でも保険金は支払われますが、故意にぶつけた事故の場合には、保険会社は免責され、保険金は支払われません。

では、パトカーに追われた場合に逃げるために故意ぶつけた事故では、被害者に自動車保険が支払われるのでしょうか?

パトカーに追跡されたため起きた事故

未必の故意

『未必の故意』という言葉があります。

接触事故の発生を積極的に意図したり、希望したりしたわけではないが、事故になるかもしれないと思いながら、そうなっても仕方がないと、あえてその危険をおかす心理状態を言います。

まさに追跡された乗用車がパトカーから逃れるために、ぶつかっても仕方ないと逃げる行為です。

故意による事故

交通事故は通常、過失によるため、刑事上は自動車運転過失致傷罪に問われますが、その事故が不注意によるものでなく、故意によるものであるならば、傷害罪や殺人未遂罪が成立します。

そして、この故意という概念には怪我をさせてやろうという「確定的故意」だけでなく、「未必の故意」も含むものになります。

自動車保険の取り扱いについて

自賠責保険について

結論からいうと、被害者は自賠責保険から支払いを受けることができます。

自動車損害賠償保障法第14条では、保険契約者又は被保険者の「悪意」によって生じた損害については、保険会社は免責されると定めています。

この「悪意」というのは、「わざと」といった意味であり,未必の故意は含まれないと解されています。

したがって加害者が「未必の故意」であるパトカーからの追跡から逃れるために起こした事故において、怪我人が出た場合には、自賠責保険会社は免責されず,保険金を支払わなければなりません。

しかし、「確定的故意」の場合は自賠責保険の免責対象である「悪意」に該当するため、自賠責保険会社は免責されることになります。

この場合には被害者は、自賠責を使うのではなく、政府保障事業というものから自賠責保険と同程度の補償を受けることになります。

任意保険の場合

任意保険の場合には、自賠責と異なり保険金は支払われません。

任意保険での故意については、「確定的故意」と「未必の故意」も含むという最高裁判例があります(最高裁平成4年12月18日判決)。

そのため警察からの逃走時の事故については、自動車保険が支払われないという事になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA