パトカーから逃げている自動車が起こした事故の自動車保険の取り扱いについて

パトカーや白バイに追跡されて逃走した自動車が、信号無視や速度超過のために事故を起こしてしまった場合には、被害を受けた方に自動車保険は支払われるでしょうか?

これは、警察車両から逃走した車が起こす事故では、次の2つで取り扱いが大きく異なります。

(1)逃げるためにぶつかる覚悟で、接触事故を起こされたケース

(2)逃げるために速度を出し過ぎて、曲がり切れなくて起きた事故に巻き込まれたケース

 

両者は、いずれも歩行者や車を巻き込む事故になりますが、両者は自動車保険の取り扱いが大きく異なります。

 

 

 

 

 

 

 

自動車保険の取り扱いについて

自動車保険は、被害者救済の観点から、飲酒運転や無免許運転など、正常な運転ができない場合においても、被害者救済の観点から保険金が支払われます。

しかし、故意にぶつけた事故については、特別な取り扱いになります。

(1)故意にぶつけた事故の場合

警察に追われた車両が、逃げるためにぶつかってきた事故に巻き込まれた被害者は、自賠責保険(又は政府保障事業)の請求はできますが、相手の任意保険については免責事項になるため、加害者が自費で損害賠償に応じることになります。

そのため、十分な補償を受けられない可能性があります。

詳細は、『警察から逃げるために故意に起こした事故でも、被害者救済のために自動車保険が支払われる?(未必の故意の取り扱い)』

(2)逃走中に起こしてしまった事故

逃走中に速度超過などで、暴走した車両が、人や車を巻き込んでしまった事故の場合には、故意による交通事故ではないので、免責にならず、被害者救済の観点から、自賠責保険はもちろん、任意保険においても対人賠償、対物賠償の補償を受けることができます。

この場合には、飲酒運転や無免許運転であっても保険金は支払われることになります。

しかし、事故を起こした運転手が契約内容の年齢制限などにより、自動車保険の対象にならなかった場合には、無保険車となり、任意保険については支払われることがありませんので注意が必要です。

被害者は警察に対して損害賠償請求をすることができる事がある。

逃走車の事故に巻き込まれた被害者は、警察の追跡行為に問題などがあった場合には、事故を起こした運転手以外にも警察や都道府県に対して損害賠償請求をすることができます。

少し厳しめの条件ではありますので、警察の責任を追及するのであれば専門家に相談するのも良いです。

警察が追跡していた車両が起こした事故で、警察が責任を負う場合とは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA