警察が追跡していた車両が起こした事故で、警察が責任を負う場合とは?

警察からの停止要請に応じず、逃走する車両は無茶な運転をすることで、周囲を巻き込んだ事故を起こしてしまうことがあります。

この時に巻き込まれた方は、事故の原因となったパトカーの追跡方法が不相応な場合には、損害賠償請求を逃走車だけではなく、警察や都道府県に対してもできることになっています。

しかし現実的には警察や都道府県に対する損害賠償請求はかなり難しいものとなっています。

警察が責任を負うための条件について

警察の追跡によっておきた事故については、警察が責任を負うことについては、最高裁の判例(昭和61年2月27日判決)で基準ができあがっています。

警察が責任を負うのは、次の場合に該当するときとされています。

(1)職務目的遂行上不必要な場合

警察は、車両を追跡するにあたり、その車両が違反以外の犯罪を犯している可能性があったり、または犯罪を犯す可能性があると考えられる場合に、警察による追跡行為は職務目的遂行上必要な行為となります。

この要件を満たさないまま追跡した場合、その車両が事故を起こすと警察に責任が生じます。

(2)追跡方法が不相応な場合

警察車両が追跡を行う際には、追跡によって生じる危険性を考慮し、追跡中も交通の安全に配慮する必要があります。

そのため緊急車両であっても、交差点などに進入するときは、安全を確認しながら走行しなければならず、安全確認等を怠り、追跡していた車両の事故を誘発させたような場合には、警察も責任を負うことになります。

被害者から逃走車と警察に責任追及された場合には、裁判所はこの点について確認し、警察が責任を負うかどうかを見極めています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA