駐車と停車の違いと路上駐車が禁止されている場所

駐車と停車の定義

駐車の意義

『道路交通法の第2条18』からの引用すると駐車について次のように定めています。

駐車とは、 車両等が次の理由で、継続的に停止することをいいます。

(1)客待ち、荷待ち

(2)5分を超える貨物の積卸し

(3)故障その他の理由で継続的に停止すること

※例外として、5分以下の貨物の積卸しや、人の乗降のための停止は、停車とされています。

停車の意義

停車とは、駐車以外のものをいう。

参考として具体的には、

(1)5分以内の荷物の積み下ろし、人の乗降のための停止

(2)赤信号で止まっている状態

(3)渋滞で前に進めない場合など

駐停車禁止区域での路上駐車の場合

道路には、『駐車禁止区域』とは別に、『駐停車禁止区域』があります。

駐停車禁止区域とは、高速道路やトンネル内、坂の頂上付近などにおいては、車を止める事が非常に危険で事故を誘発する可能性が高いため、その場所では、駐車はもちろん、停車についても禁じられています。

そのような場所で、車を停車させ事故が起きた場合には、たとえぶつけられた方が動いていなかったとしても、事故に対して過失を負う事になります。

停車及び駐車禁止の場所について

道路交通法 第四十四条 停車及び駐車を禁止する場所

車両は、道路標識等により停車及び駐車が禁止されている道路の部分及び次に掲げるその他の道路の部分においては、法令の規定若しくは警察官の命令により、又は危険を防止するため一時停止する場合のほか、停車し、又は駐車してはならない。

ただし、乗合自動車又はトロリーバスが、その属する運行系統に係る停留所又は停留場において、乗客の乗降のため停車するとき、又は運行時間を調整するため駐車するときは、この限りでない。

  1. 交差点、横断歩道、自転車横断帯、踏切、軌道敷内、坂の頂上付近、勾配の急な坂又はトンネル
  2. 交差点の側端又は道路のまがりかどから5m以内の部分
  3. 横断歩道又は自転車横断帯の前後の側端からそれぞれ前後に5m以内の部分
  4. 安全地帯が設けられている道路の当該安全地帯の左側の部分及び当該部分の前後の側端からそれぞれ前後に10m以内の部分
  5. 乗合自動車の停留所又はトロリーバス若しくは路面電車の停留場を表示する標示柱又は標示板が設けられている位置から10m以内の部分
  6. 踏切の前後の側端からそれぞれ前後に10m以内の部分

駐車禁止の場所について

『道路交通法 第四十五条 駐車を禁止する場所』

車両は、道路標識等により駐車が禁止されている道路の部分及び次に掲げるその他の道路の部分においては、駐車してはならない。

ただし、公安委員会の定めるところにより警察署長の許可を受けたときは、この限りでない。

  1. 人の乗降、貨物の積卸し、駐車又は自動車の格納若しくは修理のため道路外に設けられた施設又は場所の道路に接する自動車用の出入口から3m以内の部分
  2. 道路工事が行なわれている場合における当該工事区域の側端から5m以内の部分
  3. 消防用機械器具の置場若しくは消防用防火水槽の側端又はこれらの道路に接する出入口から5m以内の部分
  4. 消火栓、指定消防水利の標識が設けられている位置又は消防用防火水槽の吸水口若しくは吸管投入孔から5m以内の部分
  5. 火災報知機から1m以内の部分

※例外として高齢者等で、公安委員会に届出をし、交付を受けた高齢運転者等標章をその停車又は駐車をしている間前面の見やすい箇所に掲示した場合には、これらの規定にかかわらず、停車し、又は駐車することができる。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA