自動車保険の基本的な種類と内容について

自動車保険の基本的な仕組みについて

最初に、自動車保険の基本的な仕組みと勘違いされてやすい部分について説明していきます。

自動車保険と言っても大きく2種類あって「自賠責保険」と「任意保険」があります。

 

自賠責保険について

自賠責保険とは、法律で加入することが義務付けられており、車の購入時や車検時に加入するのが一般的です。

強制的に加入させられることから「強制保険」と呼ばれることもあります。

保険の保障内容は車の運転で人を死傷させてしまった場合の被害者を救済が目的であるため、壊してしまったガードレールや信号機、家の壁や塀などの物損事故については全く保障されないものとなっています。

自賠責保険の補償内容について

相手を死亡させてしまった場合・・・上限3,000万円

相手に後遺障害が残る場合・・・・・上限4,000万円(障害等級による)

治療費や慰謝料など・・・・・・・・上限 120万円

 


自賠責保険では、最低限度の保障であり、現実的に請求される損害賠償額を考えるとカバーできないことが多く、そこで保障内容を充実させ万が一に場合に備える保険が「任意保険」と呼ばれるものです。

任意保険は民間の保険会社が販売している保険であり、様々な保障内容や特約があり、事故に遭遇した場合に迅速に適切に事故対応が行われるためのサービスも提供されます。

通常、自動車保険とは、この任意保険を指すことが多く、自賠責保険を指すときは、「自賠責保険」、「自賠責」などと呼ばれることが普通です。

任意保険について

自賠責保険では、損害をカバーできないことも多いため、任意で保障内容を充実させるのが「任意保険」になります。

任意保険の最大のメリットは、相手を死傷させてしまった場合の損害額について金額の上限がない「無制限」という契約を交わすことができ、対人保障は無制限が必須です。

また自賠責では保険対象とならない物損についても補償対象となっており、こちらも上限は無制限で契約する必要があります。

他には車が動けなくなった場合のレッカー代や修理工場を紹介してくれたり、車の修理期間のレンタカーの無料貸与、弁護士費用の負担など、特約や保障の充実で様々なサービスの提供を受ける事が可能です。

もちろん保障内容を充実させるほど保険料は上がっていってしまうので、ご予算と保障内容についてはバランスがとても大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください