自損事故保険の特徴について

自損事故保険の特徴について

自損事故保険とは、ハンドル操作をあやまってガードレールに突っ込んでしまったというような事故です。

この自損事故保険は一般的には自動付帯となっていて、その性質上、人身傷害保険が付帯される場合には不担保になることが多いです。

自損事故保険の特徴

  • ドライバー自身の最低限の補償を目的とした保険
  • 自損事故(ガードレールへ単独で激突したり、崖から落ちるなど)相手がいない事故などで死傷した場合に保険金が支払われる。
  • 通常の交通事故でも相手の過失がゼロであり、なんら補償を受けられない場合の事故でも補償されます。
  • 保険の適用対象となるのは死亡、後遺障害、介護、医療時の補償など
  • 人身傷害保険があると自動付帯されない外れるのがことが多い
  • 保険を使うと3等級ダウンになります。

 

自損事故保険の保険金額

補償額は最低限度の内容で以下のようになっています。

  • 死亡保険金・・・1,500万円
  • 後遺障害保険金・・・50万円~2,000万円
  • 介護費用保険金・・・200万円~350万円
  • 医療保険金・・・入院1日6,000円、通院1日4,000円(1回の事故で1名最大100万円)

保険金が支払われない場合

運転手本人が補償対象となっているため飲酒運転、薬物使用運転、無免許運転など正常な運転ができないと考えられる状態の事故については保険金は支払われません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください