自賠責保険から支払われる怪我をさせた場合の損害賠償額

交通事故を起こした場合には、被害者に対して自賠責保険から怪我の治療費などが支払われます。

保険金の支払い上限については、被害者ひとりあたり120万円が限度になっています。

怪我を負わせた自賠責保険から支払われるもの

治療費

診察料や手術料、投薬・処置料などの病院費用。治療に要した、必要かつ妥当な実費が支払われます。

看護料

12歳以下の子供の付き添いや医師が看護の必要性を認めた場合には入院中の看護料。入院1日4,100円、自宅看護か通院1日2,050円のほか、所得の減少を立証できれば近親者19,000円、それ以外は地域の家政婦料金を限度とした実額が支払われます。

諸雑費

入院中に必要になった雑費。原則として1日あたり1,100円。

通院交通費

病院への通院費。実費が支払われます。

義肢等等の費用

義肢や義眼、眼鏡、補聴器、松葉杖などの費用。実費が支払われます。眼鏡の費用は50,000円が限度。

文書料・診断書等の費用

交通事故証明書や印鑑証明、住民票、診断書や診療報酬明細書などの発行手数料などの発行手数料実費が支払われます。

休業補償

事故により生じた収入の減少による損失を補償。原則として1日5,700円。これ以上の収入減は立証することで実額が支払われます。上限19,000円

慰謝料

内容:交通事故による精神的・肉体的苦痛に対する賠償。算定:1日4,200円が支払われ、対象日数は被害者の傷害の状態、実治療日数などを勘案して治療期間内で決められます。

国土交通省の自動車総合安全情報を参考

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA