交差点で右折する車を抜こうとして接触した事故の過失割合

交差点で右折車を抜こうとしてぶつかった事故の基本過失割合

右折車を後ろから抜こうとして接触した事故

右折する車両がなかなか右折しないので、後続車がしびれを切らして無理やり後ろから右折することがあります。

非常に危険な運転で、この行為により事故が起きる事があります。

この事故では、双方が動いていた場合でも抜こうした側が悪く、後続車の過失が100%悪くなります。

基本過失割合 【右折車 0 : 後続車 100 】

前にいる右折車に過失が認められることになった判例

前の右折車に認められた要素について

(1)道路交通法の規定に従わない右折をした場合 (前の右折車の過失+10)

右折車が交差点で右折する手順は以下のようになります。

1.交差点の30m手前から、右折のウインカーを上げて後続車に合図する

2.道路の中央により、かつ交差点の中心の内側を徐行しなければならない。

道路交通法53条1項、2項、道路交通法施行令21条の趣旨の規定

 

(2)あらかじめ中央線に寄らないで右折した場合(前の右折車の過失+10~20)

別冊判例タイムズ38の【135】の修正要素

具体的な判例

岡山地裁 昭和50年8月26日判決(右折車 30 :後続車 70)

幅員9mの見通しの良い国道の直線道路を、夜間5台の車が走行していた場面で、最後尾の加害車が前の4台を追い越そうとして、対向車線に出て、3台をごぼう抜きし、右折しようとした先頭車両と衝突した事故。後方の安全確認をしなかった被害車に30%の過失相殺を認めた事例。

東京高裁 昭和56年3月25日判決(右折車 30 :後続車 70)

交差点内で、右に寄らないで右折しようとした右折車と、中央線を越えて右側から追い越しをかけた直進の後続車との衝突事故。

慎重に右折を開始しなかった右折車に30%の過失を認めた事例。

東京地裁 平成5年6月15日判決(右折車 40:後続バイク 60)

交差点を右折しようとした右折車を、後続から直進するバイクが対向車線にはみ出して追い抜こうとして衝突した事故。右折車はウインカーを出していました。

※バイクの交通弱者調整が入っていますので、前の例と基本的に同じ過失割合になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA