人身傷害補償保険の内容について

人身傷害補償保険とは

人身傷害補償保険とは自動車事故などによって搭乗者が死傷した場合に保険金を上限として実際の損害額(治療費、休業中の収入減、精神的損害、後遺障害が残った場合の逸失利益など)を保険金で支払われます。

人身傷害保険の特徴

過失割合が決まらなくても支払いが行われる

補償の対象には運転手も含まれ、過失割合に関係なく保険金が支払われます。そのため過失割合が決定する前でも保険金は支払われる事になります。

※過失割合が決定後は相手側の過失部分は人身傷害保険で立替払いしたことになり保険会社間で最後に調整されます。

幅広い補償範囲

人身傷害保険は契約者だけでなく、その家族が対象になっています。

家族には配偶者、同居の家族、別居している配偶者の未婚子供、そして婚姻関係のない内縁も含まれます。

保険の適用原因の幅広さ

自動車に同乗している場合に限らず、歩いているときの交通事故や自転車やバイクの運転中であっても保険が適用できます。

契約者の車両以外の自動車でも保険金が支払われますので知っておくと便利です。

 

混同しやすい保険:搭乗者傷害保険

搭乗者に対する実質的な負担は人身傷害保険の方でカバーでき、補償の上乗せとして搭乗者保険があるイメージです。

両者の違いは支払われる保険金の計算が異なるという点が相違します。

人身傷害保険と搭乗者保険の違いについて

搭乗者傷害保険

保険金が支払われる補償範囲に運転者や搭乗者が含まれます。

他のサイトで他人が対象と書かれているものが多いですが、ソニー損保損保ジャパン日本興亜など補償対象に運転手を含む同乗者が対象と明記されているため、加入時にも念のため十分な確認をお願いします。

この保険は入院日数や後遺障害の程度に応じて契約で決められた金額を支払います。この金額は固定額で骨折なら25万円など部位ごとに詳細に設定してあります。

人身傷害保険

保険金が支払われる補償範囲に運転者や搭乗者が含まれます。

保険金額を上限として実際の損害額(治療費、休業中の収入減、精神的損害、後遺障害が残った場合の逸失利益など)を保険金で支払われます。

保険金の設定について

保険金の設定額について

人身傷害保険では無制限までありますが、人身傷害保険では保険金を最低の3000万円で設定する方が全体の50%以上を占めているようです。

次に多いのは5000万円で全体の25%、無制限で加入しているのは全体の15%ほどになります。

重度の後遺症が残った場合は設定額の2倍の6000万円まで支払われることになりますが、他人を同乗させ単独事故の場合には損害賠償がきたとき、まず対応することが絶望的になるリスクがあります。

多くの場合、同乗者は家族であるケースであるため損害賠償されませんが法人の車両など他人を乗せる機会が多い車両の場合はできれば無制限、または1億円の保険金設定はしたいものと思います。

人身傷害保険の保険金の具体例

交差点での車対車での事故で加害者の過失が80%、自分の過失が20%、被害者からの損害賠償額が1億円の場合。

同乗していた被害者は以下の様に保険金を受け取ることになります。

加害者(相手の保険) 8000万円

あなた(自分の保険) 2000万円

過失割合や損害賠償額によっては、自動車保険の設定で一番怖い部分だと思います

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください