自動車保険の搭乗者傷害保険の内容について

搭乗者傷害保険とは

自動車事故が起きた場合に搭乗者が死傷した場合に支払われる保険です。運転者にも支払われます。

この保険は対人賠償保険や人身傷害保険とは別に保険金の支払いを受ける事ができます。

SAPやあPAPなどのタイプで自動車保険に加入した場合には搭乗者傷害保険がセットでついてくることがありますが、後述する「人身傷害保険」に加入する場合には搭乗者傷害保険を外すこともできます。

 

搭乗者保険のメリットと混乱するポイント

人身傷害保険も搭乗者に保険金が支払われますが、この違いが難しいので補足します。

人身傷害保険と搭乗者保険の違いについて

搭乗者傷害保険

保険金が支払われる補償範囲に運転者や搭乗者が含まれます。

他のサイトで他人が対象と書かれているものが多いですが、ソニー損保損保ジャパン日本興亜など補償対象に運転手を含む同乗者が対象と明記されているため加入時にも念のため十分な確認をお願いします。

この保険は入院日数や後遺障害の程度に応じて契約で決められた金額を支払います。この金額は固定額で骨折なら25万円など部位ごとに詳細に設定してあります。

人身傷害保険

保険金が支払われる補償範囲に運転者や搭乗者が含まれます。

保険金額を上限として実際の損害額(治療費、休業中の収入減、精神的損害、後遺障害が残った場合の逸失利益など)を保険金で支払われます。

搭乗者に対する実質的な負担は人身傷害保険の方でカバーでき、補償の上乗せとして搭乗者保険があるイメージです。

両者の違いは支払われる保険金の計算が異なるという点が相違します。

搭乗者保険のメリット

搭乗者保険の最大のメリットは補償範囲に該当すれば保険金額が固定額であるため、死傷者がすみやかに保険金を受け取ることができるため医療費などの費用に充てることが可能ということです。

搭乗者傷害保険の保険金について

保険の特徴について

交通事故や単独事故などで死亡やケガを補償しており、搭乗者全員に対してケガの内容に応じて固定額で支払われます。

この保険には過失割合で保険金が減額されることもなく、事故後すみやかに保険金が支払われます。

この保険を使っても等級が下がりません。

保険金が支払われない場合

自殺を目的としたもの、無免許運転、酒気帯び運転、又は薬物の使用により正常な運転ができないおそれがある状態での運転、地震・噴火・津波などが原因であるもの。

通常、対人・対物賠償の場合は飲酒運転であっても被害者保護の観点から保険金は支払われますが、搭乗者傷害保険の場合には支払われないので注意が必要です。

保険に関係なく無免許運転や飲酒運転をドライバーが行おうとすることはやってはいけないし、とめてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください