車両保険の内容

車両保険の内容について

車両保険とは、運転者の自動車の修理代として保険が支払われるものです。

車両保険をつけると保険料が急激に高くなるため、車両保険には加入していないユーザーがたくさんいます。

車両保険には種類あり、幅広く保険金の支払いが行われる「一般車両保険」と大きな制限をかけることで保険料を安くする「エコノミー」というものがあります。

 

車両保険の補償の範囲

車両保険はタイヤのパンクを除き、車両の損傷を幅広く補償される内容となっています。

具体例で列挙していきますと以下のとおりになります。

自動車同士の衝突による交通事故による車両の損害
  1. 建物、壁などへの自損事故による車両の損害
  2. 水害で水浸しになった場合の車両の損害
  3. 当て逃げやいたずら等、いつのまにか車両が傷つけられていた損害
  4. 飛び石でフロントガラスが割れた損害
  5. 車の盗難による損害

車両の損害であれば幅広く保険金が支払われる車両保険ですが、保険料がかなり高額になるため、補償対象に制限をかけることで保険料を安くする方法があります。
種類と補償対象については以下のようになります。

事故の種類 一般車両保険 エコノミー
自動車との事故
火災・水害
落下物との衝突
台風・竜巻・洪水
落書き・いたずら
盗難
自損事故
当て逃げ
転覆・墜落

※エコノミー表示はエコノミー+限定A

 

保険金額の設定と保険料の関係について

車両保険の保険金上限は、自動車の時価となります。

時価といっても市場で販売されている価格ではなく、保険会社が使うレッドブックと呼ばれる時価額の基準額に基づき計算された金額です。

設定金額を下げるほど保険料は安くなります。

また車両保険には免責を設定する事で保険料をより安くすることができます。

免責とは保険金の支払いの際に保険会社が保険金から控除する金額を言います。

 

具体例で示すと下記のような感じになります。

修理費40万円、免責10万円の場合・・・自己負担10万円、保険金30万円
修理費40万円、免責ゼロの場合 ・・・自己負担 0万円、保険金40万円

 

車両保険に加入すべきかどうか?

車両保険に加入すべきかどうかは、乗る自動車のグレードと年齢によって決めるといいと思います。

若い時期には保険料が異常に高額なので、あまり無理に車両保険に入る必要はないと思います。

しかし高級車や新車など車の価値が高い場合には、ある程度設定しておくのが良いと思います。

車両保険の有無や設定金額は保険料に大きな変動をもたらせますので、自動車保険の予算とのバランスを考慮した上で決めるのが良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください