対人賠償保険の範囲と内容、保険金について

対人賠償保険について

対人賠償保険とは

補償内容について

自動車を運転中に人を死傷させてしまった場合、法律上の損害賠償責任を負った場合に損害賠償に対して保険金が支払われる保険です。

対人賠償については、まず強制保険として加入した自賠責保険が優先的に支払われ、不足する損害賠償を補う形で保険金として支払われます。

 

具体例 人を死亡させてしまい、1億円の損害賠償を負ったケース

損害賠償額(1億円)- 自賠責保険(3000万円)=対人賠償(7000万円)

自賠責保険でカバーできなった部分を補うために対人賠償保険が利用されます。

また軽傷などで自賠責保険の中ですべて支払われた場合には、対人賠償保険から保険金は支払われません。

 

対人賠償保険の範囲

保険金を支払う範囲について

対人賠償保険が適用される事故の発生原因

対人賠償保険の場合には、管理などに起因して生じた損害賠償に対しても保険が適用されます。

例えば無人の車が勝手に走り出して歩行者に怪我をさせてしまった場合にも任意保険は保険金が支払われます。

被害者の範囲について

対人賠償保険が支払われるのは他人である必要があります。

車庫で自分の子供をはねて怪我をさせた場合には、子供は他人でないため保険金は支払われません。

また同様に単独自損事故の場合には、同乗していた家族が怪我を負っても保険金は支払われません。

自賠責保険 ・・・運行供用者・運転者以外の者であれば被保険者の父母・配偶者・子の親族間事故も補償

対人賠償保険・・・他人のみ

 

保険金を支払わない場合

故意で起こした事故には、自賠責保険も任意保険も支払われることがありません。

また戦争・暴動・地震・噴火・台風・洪水・高波・津波・原子力などの危険によって生じた損害も免責扱いとなっています。

対人賠償保険の保険金について

保険金設定はいくらがいいのでしょうか?

「無制限」の一択です。

1億円や3億円など金額設定をすることも可能ですが、無制限以外では加入しないでください。

自動車事故では死亡事故や後遺障害が発生する可能性も高く、そもそも人の命には値段を付ける事が極めて困難であり、どれほど莫大な請求が来るのかまったくわかりません。

通常若い方や医師や社長など年収が高い方を死傷させた場合には数億円単位での損害賠償が請求されることがよくあります。

保険金が減額されるケース

相手側にも過失がある場合には、その過失割合分については、損害賠償が生じないため、保険金が支払われません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください