交通事故があった場合のロードサービスについて

ロードサービスとは

自動車保険に加入すると特典としてロードサービスを受けられることがあります。

ロードサービスはJAFが有名で、パンクやガス欠、脱輪などにより走行できなくなった場合に助けてもらうための費用が補償されるものです。

ロードサービスの種類

ロードサービスには色々あって、すべてのロードサービスが担保されている訳ではありませんが、ロードサービスを充実させている保険会社を選ぶのもひとつの選択肢かもしれません。

レッカーサービス

車が故障などで動かなくなった場合に、最寄りの修理工場までレッカー移動してくれるサービス。

緊急対応サービス

バッテリーがあがったり、キーの閉じ込めるなど作業時間が30分以内の作業について無償で対応してくれるサービス。

無料レンタカーサービス

レッカーサービスを受け修理工場に契約車両が運ばれた場合に、契約車両と同等のグレードの車を無償でレンタルしてくれるサービス。

無料代車サービス

車の修理中の間代車を無料で貸してくれるサービス。

現在多くの修理工場やディーラーで普通に代車を貸してくれるからあまり需要はないかもしれません。

ガソリン補給サービス

利用者が意外と多いのがガソリン供給サービスで保険期間に1度だけガス欠時に10ℓまでのガソリンを補給してくれるサービス。

宿泊帰宅搬送サービス

自宅から50km以上離れている場所で車のトラブルに巻き込まれてしまった場合の宿泊費や搬送費用、帰宅費用の実費などを補償してくれるサービスです。

脱輪引上げサービス

側溝にタイヤを落としてしまった場合、縁石に乗り上げたりして走行できなくなった場合に助けてもらうロードサービス。

雪国では雪に埋まった場合とても助かります。

 

まとめ

ロードサービスは、すべての契約に含まれているものではありませんが、以前は車両保険加入者にのみついていた特典が現在は保険加入者なら誰でも受けられるサービスとして身近なものになっています。

サービス内容だけでなく、サービスを受けられる拠点数や制限、土日祝日などのサポート状況も確認しておくと良いかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください