信号機のない場所での事故の基本過失割合について ~直進と右折

信号機がない場所で、右折車両と直進車両が衝突した場合の過失割合

基本過失割合

直進車が優先である道路では、基本過失割合は、【右折車 80 : 直進車 20 】となります。

信号機がある交差点の双方が青である場合の事故と同じ取り扱いですね。

修正項目

修正要素としては、以下のものが考えられます。

相手が自転車やオートバイだった場合には、交通弱者の調整として、強い側に+10の調整が入ります。

【右折車の修正要素】

  • 徐行義務違反 (右折車+10)
  • 直進車の至近距離で右折した場合(右折車+10)
  • あらかじめ道路の中央に寄らない右折 (右折車+5)
  • 合図なし(右折車+10)
  • 右折車が大型車(右折車+5)
  • その他著しい過失又は重過失(右折車+10)

【直進車の修正要素】

  • 速度違反(15㎞以上は直進車+10)
    〃 (30㎞以上は直進車+20)
  • 先に右折されている状態(直進車+10)
  • その他著しい過失など(直進車+10~20)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA