自動車保険の保険会社が提供するサービスについて

保険会社では事故があった場合に、過失割合を話し合いで決める示談交渉のサービスや病院に対する治療費支払い、損害賠償額の支払いなどのサービスをしてくれます。

自動車保険に加入することで、保険会社が取ってくれるサービスの概要について、ご紹介致します。

保険会社のサービスの内容

交通事故の初期対応

書類の作成

保険会社では、事故の当事者と事故の処理をすすめていく上で、必要な情報をまとめてくれます。

保険担当には、事実をそのまま相談することができ、相手との交渉の中で自分が有利になるように上手な表現でまとめてくれます。

修理工場、レッカー車、代車の手配

交通事故で車が損傷した場合には、保険会社が提携しているディーラーや修理工場を紹介してもらうことができます。

保険会社と提携している修理工場は、ほとんどの場合、無料で代車を提供してくれたりするので、修理先を探すのに保険会社の力を借りるのは良いと思います。

相手との示談交渉

自分に過失が少しでもある場合には、過失割合の示談交渉を保険会社が代わりにやってくれます。

特に加害者の立場の場合、被害者に対してどうしても立場が弱いため、保険会社に示談交渉をしていただくことは非常に効果があります・

治療費や損害賠償の支払い

金銭のやりとりは、後々のトラブルに発展しやすいので絶対にしないのが交通事故の鉄則です。

治療費などは立替えたりせずに、病院などから保険会社に直接請求してもらうことができるため、被害者も加害者も経済的負担がなく、治療をすすめていくことができます。

また保険会社を介することで、公正な記録が残る保険会社に残ることになります。

また自賠責保険への請求手続きや損害賠償請求などの事務手続きも保険会社が代わりにやってくれます。

事故相談

交通事故では、いろんな場面で、困ったことや心配なことがあったりするものです。

自分に身近な相談相手として保険会社を利用することができます。

弁護士の手配

個人的には大きな事故、怪我で入院や通院が長引く場合には、弁護士に相談すると慰謝料などが大きく増額される傾向にあります。

この場合、交通事故に詳しい弁護士を保険会社が紹介してくれたりしてくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください