自動車保険の「車両無過失事故に関する特約」の内容について

車両無過失事故に関する特約の内容について

相手が100%悪い交通事故で車が損傷した場合には基本的にはすべての損害を相手に請求し、支払ってもらうことが普通です。

しかし相手が無保険車だったりして支払い能力がまるでない事があります。

この場合は怪我については相手の自賠責保険や自分の人身傷害保険により担保され、死亡や後遺症が残るケースでは無保険車傷害保険が適用されますが、補償対象にならないのは自分の車の修理代です。

任意保険に加入していない人の中には経済的に支払い能力に乏しい方もいるため、その場合請求をしても十分な補償を受けられない可能性があります。

そこで自分の車両保険を使って修理するしかないのですが、自分がまったく悪くないのにも関わらず、保険の支払いを受け等級があがって保険料の負担増となってしまいます。

「車両無過失事故に関する特約」とは、相手が100%の過失が確定しているこのような場合に車両保険を使っても等級がダウンすることなく保険金を受け取ることができるための特約になります。

 

「車両無過失事故に関する特約」の適用要件

  • 契約者に過失がなかったことが確定していること。
  • 契約者の車両以外の車両との交通事故であること。
    相手自動車には原付・二輪自動車を含み、自転車や歩行者の場合は対象とはなりません。
  • 相手の自動車の登録番号、運転者又は車の所有者が明らかであること。

 

保険金が支払われないケース

特約が適用されないケース

  • 契約者が2台以上車両を持っている場合に所有者が同じ車同士の場合
  • 当逃げや相手自動車の登録番号や運転者情報が確認できない場合

車両保険として保険金が支払われないケース

  • 故意または重大な過失によって生じた損害
  • 無免許運転、飲酒運転などの影響で正常な運転ができないおそれのある状態での運転
  • 詐欺または横領によって生じた損害
  • 故障損害
  • 欠陥、摩滅、腐しょく、さび、その他の自然消耗によって生じた損害など

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください