道路標識や街路樹などの公的なものを壊した場合の損害賠償額の相場について

交通事故で破損させたものは、慰謝料が生じない物損事故でも、割と高額な損害賠償請求がきます。

事故で公的なものを壊した場合のよくある損害賠償額について、代表的なものをご紹介します

※原価(本体価格)ではなく、工事費込みの価格になっています。地域や業者によっては価格差は多少でてきます。

道路わきの街路樹(10万円前後)

写真:ぱくたそ

道路わきにある公的な街路樹であれば、損壊させてしまったものと同じ樹の新しい苗を植える事で損害賠償額は完了し、ほとんど場合は10万円以下の賠償で終わります。

ですが、個人で所有している樹を損壊させてしまった場合には、造園屋さんに同様な樹齢なものを探してもらい原状回復させることになるため、金額がいっきに跳ね上がります。

場合によっては百万以上になることもあるようです。

 

道路標識

シンプルな道路標識(10~15万円)

一時停止標識や速度制限、カーブミラーなどの道路標識の価格は、根元から折るなど交換した場合で、10~15万円ほどの賠償額になります。

大型の道路標識(300万円~)

大型の青看板では300万円以上かかることもあり、電光掲示板であれば1000万円超になるのが普通です。

 

電信柱 (10~100万円 電線が切れたりすると更に加算)

傾いた電柱を修理する場合であれば、10万円程度で済みますが、根元から折れて交換が必要な場合では、1本当たり60万円くらいが相場となります。

しかし、電柱だけで済まず、電線が切れてしまったり、CATV等、他の配線に影響を及ぼす場合には、損害賠償額は別途かかることになり、数百万円の請求に及ぶこともあります。

 

信号機(400~500万円が相場)

信号機を壊して修理したり、交換したりすると400~500万円はかかると言われています。

信号機は、本体と支柱、そして制御盤からなっていて、赤青黄の3色の光る部分の物理的破損であれば、数十万円から100万円前後で済むこともあるようですが、通常の事故では支柱にぶつかるため、信号機の支柱に設置されている制御盤などを損壊させることが多いです。

この制御盤が絡むと信号機の修理代の価格はいっきに膨れ上がり、複雑な機能のものだと本体価格が200万近くかかり、これに設置の工賃等が加わることで、400万円以上の請求が来ることも珍しくありません。

また信号機は、非常に種類が多くて、複数の右折信号がついていたり、歩行者用信号もセットになっているものであれば、さらに金額が上がっていくということで、さらに高額な請求が来る可能性もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA