自動車保険のペット補償特約の内容について

ペット補償特約について

交通事故により車に乗っていたペットが、被保険者とともに死傷した場合に保険を支払う特約です。

補償額については、それほど大きなものではありませんが、ペットの治療費の一部を補填できる契約となっています。

補償の内容について

補償の範囲について

治療費や葬儀費用の実費が保険金として支払われます。

上限は5万円~10万円程度のものが多く、あまり高額な保険金は支払われず、被保険者の負担する治療費等の一部を補填するイメージとなります。

またペットが入院した場合に一日5000円づつ支払う(上限30万円)というものもある保険会社があります。

補償対象となっている動物が「犬のみ」「犬と猫」など限定的であるほか、「保険金として支払うのは治療費実費の50%~100%までとする」など保険会社ごとに内容がバラバラであるため、取り扱いがある場合には、確認が必要な部分です。

保険料について

あまり高額な保険金設定でもないため、保険料も年間1000円程度のものが多く、気軽につけやすい特約となっています。

保険金が支払われない場合

危険な運転を行っていた場合

これは膝の上にペットを置いて運転するなど、正常な安全運転の妨げになるような運転の仕方をしていた場合には、保険金は支払われません。

保険適用要件

保険会社ごとに内容は異なりますが、被保険者と共にペットが死傷した場合に保険金が支払われるものであり、ペット単独の怪我では保険金が支払われないので注意が必要です。

補償対象外

ワクチン接種、健康診断費用、歯科治療、不妊、避妊、妊娠、出産など

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください