車やトラックの積荷など落下物が原因で起きた事故の罪と罰則について

車やトラックの荷台から物が落下させた事で起きた事故

落下物が原因の罪と罰について

高速道路で積荷を落下させた場合の罪について

積荷を高速道路に落下させた場合には、落下させた時点で、高速自動車国道等運転者遵守事項違反が適用されます。

「3月以下の懲役若しくは5万円以下の罰金、又は10万円以下の罰金」


さらに落下物が原因で死傷者が出た場合には、過失運転致死傷罪が適用されます。

「7年以下の懲役もしくは禁錮又は100万円以下の罰金」

これは落下物が原因で事故を起こした車が別の第三者を死傷させた場合でも、落下物を落とした人も責任が問われる可能性があります。一般的な過失割合は、落下させた人60%、事故を起こした人40%となり、損害賠償請求に応じることになります。

一般道路で積荷を落下させた場合の罪について

一般の道路で積荷を落下させた場合には、落しただけでは罪になりませんが、落下物が人を死傷させた場合には、過失運転致死傷罪が適用されます。

「7年以下の懲役もしくは禁錮又は100万円以下の罰金」

また落した積荷を放置したり、積荷が原因で事故が起きた場合には罪に問われる可能性があります。

 

落下物が原因の事故の過失割合

高速道路での落下物が原因の過失割合について

高速道路では、落下物に衝突して事故が起きた場合には、通常、後続車にも40%の過失が生じます。

基本過失割合【落下させた車 60 : 後続車 40】

ただし、回避不能のタイミングで落下物が落ちてきた場合や夜間や降雨などで視界が悪い場合には、調整が入ります。

逆に後続車に速度超過などの違反があれば、過失は増すことになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA