高齢者が交通違反を起こした場合のペナルティについて

高齢者が交通違反を起こした場合のペナルティとは?

2017年3月12日以降には、これまで更新時にしか義務付けていなかった認知機能検査について、75歳以上のドライバーが特定の交通違反をした場合には、臨時に認知機能検査を受けることとなります。

現実的には、ほとんど交通違反が該当する感じであり、運転が怪しいと思われた場合には検査することになり、この認知症検査の結果、「記憶力・判断力が低くなっている」との判定を受けた場合には、「臨時適性検査を受ける」か、「医師の診断書を提出」することになります。

認知症であると診断された場合には、手続の上で運転免許が取り消されたり、停止されることになります。

特定交通違反とは?

特定の交通違反とは、次のものになります。なんらかの違反行為があればアウトのような感じになっています。

○信号無視

〇通行禁止違反(一方通行の逆走など)

○通行区分違反(路側帯の通行、道路の中央よりも右側を走行するなど)

○指定通行区分違反(右折レーンから直進など)

○横断等禁止違反(横断、転回、後退が禁止されている場所で禁止行為をすること)

○進路変更禁止違反

○しゃ断踏切立入り等(遮断機が降りたとき、又は降りている時に踏み切りに入ること)

○交差点右左折等方法違反(左に寄らずに左折、または右に寄らずに右折すること)

○環状交差点左折等方法違反(環状交差点「ロータリー」の通行違反)

○環状交差点通行車妨害等(環状交差点内を通行している車両等の進行を妨害すること)

○優先道路通行車妨害等

○交差点優先車妨害

○横断歩道等における横断歩行者等妨害

○横断歩道のない交差点における横断歩行者妨害

○徐行場所違反

○指定場所一時不停止等

○合図不履行

○安全運転義務違反

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA