自動車保険の自損事故傷害特約の内容について

自損事故傷害特約とは

自損事故傷害特約とは、単独事故や相手に過失のない交通事故によって、自動車に同乗する方が死傷した場合に保険金が支払われるものです。

自損事故保険と内容は同じで保険会社によっては、これを特約で契約するものになっています。

自損事故保険は通常任意保険に付帯してついてきますが、この部分を特約として外すこと可能にした契約の作りのイメージです。

 

自損事故傷害特約の内容について

保険金について

  • 死亡保険金 ・・・1,500万円
  • 後遺障害保険金・・・50万円~2,000万円
  • 介護費用保険金・・・200万円~350万円
  • 医療保険金 ・・・入院1日6,000円、通院1日4,000円(1回の事故で1名最大100万円)

保険金が支払われない場合

運転手本人が補償対象となっているため飲酒運転、薬物使用運転、無免許運転など正常な運転ができないと考えられる状態の事故については保険金は支払われません。

良く混同してしまう保険の種類

自損事故傷害特約(自損事故保険)と搭乗者傷害保険人身傷害保険の3つの保険が搭乗者に対して支払われる保険となります。

自損事故保険(自損事故傷害特約)

単独事故や相手に過失がない交通事故により同乗者が死傷した場合に支払われる保険で死亡保険金で最高1500万円と補償内容は最低限のクラス。

搭乗者傷害保険

この保険は入院日数や後遺障害の程度に応じて契約で決められた金額を支払います。

この金額は固定額で骨折なら25万円など部位ごとに詳細に設定してあります

搭乗者保険の最大のメリットは補償範囲に該当すれば保険金額が固定額であるため、死傷者がすみやかに保険金を受け取ることができるため医療費などの費用に充てることが可能ということです。

人身傷害保険

保険金額を上限として実際の損害額(治療費、休業中の収入減、精神的損害、後遺障害が残った場合の逸失利益など)を保険金で支払われます

保険金額の上限は無制限までありますが、契約者の半数は最低の3000万円で契約しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください