自動車保険のファミリーバイク特約の内容について

ファミリーバイク特約について

ファミリーバイク特約とは、原付バイクを走行中に人を死傷させてしまったり、事故により相手側に与えた損害に対して保険金が支払われる特約になっています。

自動車の運転免許証に原付バイクの免許もついているので、自動車以外に原付を乗る場合には個別に入らずともこの特約でクリアできてしまうメリットがあります。

また本人が乗らなくても契約者の家族が原付に乗る場合にも、この特約は適用されるため、通学などで原付バイクに乗る子供がいる場合にもとても有用な特約になります。

特約の対象となる原動機付バイク

特約の対象となる原動機付バイク

(1)総排気量125CC以下の二輪の自動車

(2)総排気量50CC以下の三輪以上の自動車

※家族で数台原動機付バイクを持っていても、そのすべてが対象になります。また他人から借りたバイクも保険と対象となります。

対象とならない原動機付バイク

サイドカー付きの2輪は原動機付バイクになりません。

保険の適用対象

記名被保険者とその配偶者

記名被保険者か配偶者と同居している親族

記名被保険者か配偶者と別居している未婚の子

特記事項

家族で加入している自動車保険が複数ある場合でも、ひとつに特約をつければ大丈夫です。(重複させないよう特約をつけること)

運転者限定特約および運転者年齢条件は適用されないため保険料の割引が変わることがありません。

補償内容

ファミリーバイク特約の補償内容については自動車保険の補償内容と同じ補償を受けることができます。

ファミリーバイク特約の特徴について

ファミリーバイク特約は人身傷害型と自損傷害型の2つのタイプがあります。

対人賠償 対物賠償 人身傷害 自損事故傷害
人身傷害型 注記1
自損傷害型

注記1:人身傷害で補償

人身傷害型とは

人身傷害型にすると対人・対物・人身傷害保険が補償対象となります。

この場合、主契約となる自動車保険に人身傷害保険がついていることが条件になります。

自損傷害型と比べて保険料が1~2万ほど高くなります。

自損傷害型とは

対人・対物保険と自損事故傷害保険が補償対象になります。

自損事故傷害保険とは、自損事故で運転手が死傷した場合に、自賠責保険から保険金が出なかった場合に適用される保険です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください