弁護士費用特約について

弁護士費用特約について

弁護士費用特約とは、交通事故を起こした場合に、交通事故に詳しい弁護士を使って交渉した場合の費用を補償する特約です。

これは想像以上に大事な特約になり、この特約がないために多額の損失や相手の保険会社に苦労させられることが多いのです。

 

弁護士特約が必要な理由

相手が過失100%だと自分の保険会社は動けない

通常交通事故を起こした場合は示談代行というサービスがついているため、率先して自分の保険会社が相手の保険会社と戦ってくれて応援してもらえます。

しかしこれには条件があって自分に過失がある場合のみ、対応してくれるサービスなのです。

相手が100%悪いときには、弁護士法により保険会社は契約者の代わりに交渉することができずに交通事故のプロの保険会社相手に素人の契約者が戦うことになります。

この場合、多くのケースでは何も知らない素人である被害者が相手に都合よく誘導されていってしまい本来当然受けられる権利も危ういものとなってしまいます。

実際、かなり大勢の人が対応の悪い相手保険会社に苛立ち、対応を放置され、言葉巧みに不利な状況に追い込まれていきます。

慰謝料請求の損害賠償額が全く違う

保険会社が最初に慰謝料の賠償額として提示してくる金額が適正かどうか普通の人は判断できません。

実際、請求できる最大の損害賠償額と比べると2~3倍足りないのもよくある話です。

弁護士特約でよくある誤解

弁護士特約は、保険会社が選んだ弁護士にしか保険適用できない。

そんなことはありません。交通事故に強い弁護士をご自身で選んでも保険適用できます。

被害者の過失がゼロだった場合にしか保険適用できない。

そんなことありません。被害者に過失があった場合には弁護士ではなく保険会社が示談代行できるため必要性がなくなるという考え方から言われていますが、慰謝料などの請求ステージが変わることから弁護士を使うメリットは十分あります。

弁護士特約を使うと保険料があがる。

等級があがる事故ではないため保険料は変動しません。

車両保険などの保険を使う場面が多いため、保険料が上がるケースが多いのですが、弁護士特約を使ったことで保険料が割増したり、等級が増加することはありません。

注意点

弁護士特約を使うためには保険会社の同意が必要

約款の中に、弁護士特約は保険会社が同意した場合に使えるという約定があります。

そのため保険会社と相談することなしに勝手に弁護士を使った場合には保険が不適用になる可能性があるので注意が必要です。

弁護士特約の使いにくい点として、示談交渉サービスを保険会社が提供している場合には、加害者側の保険会社がよほどおかしな事をしてこない限り、保険会社は弁護士特約の利用を認めてくれないので、相手の過失が100%である場合でなければ実質的に利用が難しいのです。

また弁護士特約を使って訴訟する相手が自社である場合にも、当然使えないのです。

補償額について

一般的には300万円までの弁護士費用に対して保険金を支払うというものが多いようです。保険会社ごとに違うのに確認が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください