自動車保険の対物超過特約ってどういうもの?

対物超過特約とは

対物超過特約の内容

自動車事故が起き、被害者車両や財産に損害を与え賠償責任を負った場合は、対物賠償保険で保険金を支払うことになります。

しかし対物賠償保険で支払われる保険金の上限は、たとえ無制限の設定であっても、財産の時価が上限となります。

ところが年式の古い車などでは自動車の修理代がその自動車の時価を超えてしまうことが良くあり、車の修理代の不足額を理由にトラブルに巻き込まれることがよくあります。

そこで対物超過特約というものがあるのですが、自動車の価値が低すぎて修理代をまかなえない場合に、車を修理することを前提に時価を超えて保険金を支払うことを認める特約です。

最近の傾向

ここ数年の間は不景気を背景に車の買い替えを辛抱し長く大切に自動車に乗っている方が多くなっているため、年式が古く時価が低くなってしまっている車両が増えています。

事故時の修理代が保険から全額でないという可能性も高まっているので保険料のご予算があるようでしたら検討の価値があるかもしれません。

保険金について

対物超過特約は自動車を修理する場合に限り、保険金が支払われる特約です。

そのため時価20万円の自動車の修理代が60万円だった場合には、修理をきちんと行えば60万円の保険金が支払われます。

しかし、修理しなかった場合には20万円の時価額までしか保険金は支払われません。

また対物超過特約は修理した場合でも時価額+50万円までしか保険金は支払われません。

そのため20万円の時価の自動車代は最大で70万円しか修理代が出ないので注意が必要です。

対物超過特約の意見

実際の経験では、20万円の時価の車両は、20万円で同年式、同じ仕様、同じ車種の車の購入できることが多いため修理しないで買い替えることもよくある話です。

ですが稀に親からの形見となっていたり、恋人との思い出の車両、クラシックカーなどどうしても修理する必要が出る場合があります。

この特約はつけても、さほど保険料がアップしないので気にならないのであればつけておくと安全ですし、外していたとしても最大で50万円しか追加で保険金が支払われないので人生をおかしくするほどのダメージにはなりえません。

ご自身の判断でつけても、つけなくても良い特約かと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください