自動車保険の等級について

自動車保険の等級について

自動車保険の保険料に大きく影響する割引率に、等級というものがあります。

等級は自動車保険に加入すると最初は6等級からスタートし、1年間無事故などで保険を使わなければ20等級まで1等級づつあがっていくものになります。

この等級数が高いほど割引率が高くなり、保険料はやすくなります。

等級と割引率について

自動車保険には保険の利用レベルに応じた等級という割引(割増)ルールがあります。

等級は20等級まであり、最高の20等級では保険料が60%割引されます。

等級の下がり方について

等級は基本的に自動車保険を利用し、保険金の支払いを受けた場合に使った保険の種類によって等級が下がり幅が異なります。

また利用した保険の内容によっては等級のダウンがゼロというものもあります。

保険を使うと3等級ダウンするもの

3等級ダウンする保険事故は「対物賠償責任保険」「対人賠償責任保険」になります。

対物賠償、対人賠償保険は利用すると内容に関係なく3等級ダウンします。

しかしあくまでも保険を使った場合に等級がダウンするのであって、自賠責保険の利用だけで済んだ場合には等級はダウンすることがありません。

具体的には、人を怪我させたものの、運が良く軽傷ですみ、治療費や慰謝料などの総額が120万円未満の賠償で済むようなケースです。

実は、かなり多くの交通事故は自賠責保険の補償の範囲で終わるため、軽傷の場合で等級がダウンすることは少ないようです。

保険を使うと1等級ダウンするもの

フロントガラスへの飛石による損傷、飛来物・落下物との接触事故、いたずら・盗難によるもの、台風などの水害によるものなどです。

以前は等級据え置き事故として利用しても等級はダウンすることがなかったのですが現在は等級は1等級ダウンするので注意です。

 

ノーカウント事故

保険を利用しても等級は下がらず、保険を使わなかった場合と同様に翌年は1等級アップするものを「ノーカウント事故」といいます。

特約部分による保険などの利用については等級に影響を及ぼさないものが多いです。

具体的には交通事故にあった場合に自分の加入している保険会社からお見舞金が出たり、人身傷害保険、搭乗者傷害保険のみを利用した場合。

弁護士特約や個人賠償保険の特約を自動車保険に付保している場合の個人賠償責任保険などがあります。

また相手から保険金を受け取れる場合に立替えてもらった場合もノーカウントになります。

具体的には相手の過失が100%の交通事故において自分の車の修理代を自分の車両保険でとりあえず修理した場合などです。

 

最近できた凄い割増について 「事故有り係数」と「事故無し係数」

以前は等級がダウンすると、その分の割引が適用できなくなるだけでしたが、現在の自動車保険では事故を起こすと等級が下がって割引が減るだけなく、事故有係数という割増が適用され保険料がとても高くなってしまいます。

かなり面倒な計算なので簡単に話すと、15万円以下の車両保険では、その後3年間の保険料が15万円以上多くなる可能性があるため、使用しない方が良いことがあるということです。

つまり保険金は10万円しかおりない場合でも保険料は3年間で15万円以上あがり、加えて等級もダウンするという内容、もう踏んだり蹴ったりの状態です。

これにより軽微な修理の車両保険の利用はかなり難しくなったと感じています。

もちろん保険料の上昇額は等級や内容によっても異なるため、車両保険を利用する場合には利用後の保険料のシュミレーションを良く確認して、保険を使うかどうかをしっかり検討する必要があります。

事故有り係数の具体例

同じ12等級でも割引率に以下の違いが出てきます。

保険を受け取った後の3年間の割引率(事故あり係数が適用された12等級) ⇒ 27%割引

通常の12等級の割引率  (事故なし係数が適用された12等級) ⇒ 48%割引

つまり保険を受け取ったあとの一定期間は21%の割増を受けるのと同じになります。

 

「事故有り係数」の適用期間

保険金受取後の一定期間は利用した保険の内容によって期間が異なります。

3等級ダウン事故の場合は3年間、1等級ダウン事故の場合は1年間この事故有り係数が適用されます。

これらの期間は保険適用の回数だけ加算されていき、最長6年間まで期間が延びます。

例えば、1年間に3等級ダウン事故を2回起こしたら最長の6年間事故有り係数が適用されることになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください