フリート契約とは

自動車保険のフリート契約とは?

フリート契約とは、車を10台以上所有するオーナーが自動車保険の契約をする際に適用される制度です。

個人で契約より法人の契約でよく見かけます。

一般的なフリート契約は、10台以上からの契約となっていますが、保険会社によっては3台以上から割引がかかる「セミフリート」と呼ばれる仕組みもあります。

ただし現状では、個人で契約するなら「セカンドカー割引」の方が有利であるため、あまりセミフリートは利用されていないようです。

フリート契約の特徴

ノンフリート契約が自動車1台ごとに加入するのに対してフリート契約は「契約者」ごとに加入するという特徴があります。

このフリート契約は所有・使用する自動車が10台以上となる場合には必ずフリート契約にしなければなりません。

保険料の算定方法がノンフリートと異なります。

フリート契約の場合には、割増割引がが適用される前の基本保険料がノンフリートと異なり、通常保険料は安くなります。

ただし、年齢制限など一定だけでなく、高くなることもあります。

フリート契約はノンフリートと異なり、運転者の年齢制限をつけたり、運転手制限による割引を適用することができないのも特徴になります。

最大割引率がノンフリートより高いというメリット

ノンフリート契約の場合には最高の20等級で63%までしか保険料が割引されないのに対して、フリート契約の無事故の割引率は、総契約台数により70%~80%まで適用されます。また

証券をひとつでまとめて保険加入すると5%の追加割引となる「フリート多数割引」というものにも入れます。

全車両一括包括契約について

所有しているすべての車両について一枚の保険証券で契約すると更に様々な特典がつきます。

保険料の特典

フリーと契約のもつ基本的な特典に加えて、オプションとなるフリート多数割引(5%割引)が必ず適用されるます。

また保険料を分割しても金利・手数料はサービスとなります。

事務手続きのメリット

保険適用期間中に新規で自動車を入手した場合には納車日から自動的に保険に加入することになり、事務手続き上の加入漏れを防ぐことができます。

契約時に保険金額などの契約条件をあらかじめ決めておけば保険期間の途中で新たに購入した自動車は、納車された時から自動的に保険が適用されます。

フリート契約の注意点

保険の補償範囲について

フリート契約の対象となる自動車

フリート契約ができる対象車両は、自動車保険の契約者が所有する車両を自ら使用しているものとなります。

自動車の所有者や使用者は車検証に記載されている所有者欄と使用者欄にそれぞれ記載されています。

またフリート契約が適用される車両は通常の車両の所有だけでなく、リース契約による1年を超える長期間の賃貸契約であったり、割賦販売契約により所有権が留保されているものも、対象となります。

フリート契約の対象外となる自動車

契約者が使用している自動車であっても法人の役員や従業員が所有している自動車は適用外となります。

レンタカーなど1年以下の短期間での賃貸契約で使用している自動車については保険の対象外です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください