自動車保険の割引制度 家族限定(運転者限定割引)

自動車保険の割引制度 運転者限定割引

自動車保険の割引制度として良く利用されるものに「運転者限定」というものがあります。

これは車両を運転する人を制限することによって割引を受けるというものです。

運転者の年齢に制限をかける方法と対象者に制限をかける2種類があります。

運転者の年齢条件

年齢制限は次のとおりで保険料計算のテーブルが変わります。

同一条件で年齢制限だけ変えた場合の保険料の違いは下のとおりです。

1.無制限 ・・  110,960円

2.21歳以上 ・・・52,670円

3.26歳以上 ・・・40,560円

4.30歳以上 ・・・38,200円

近年は、これに加えて更に細かい分類が出来上がり、保険会社によっては「35歳以上」、「40歳以上」、「50以上60歳未満」などの制限のかけ方も出てきているようです。

運転者限定の種類

限定できる内容は次のとおりで範囲を狭くするほど割引率は大きくなります。

本人・配偶者限定・・・7%割引

家族限定 ・・・1%割引

家族限定の家族の範囲について

家族限定の割引を適用した場合の運転手の範囲は次のようになります。

補償される家族の範囲

  1. 記名被保険者とその配偶者
  2. 記名被保険者か配偶者のいずれかと同居している親族(6親等以内の血族と3親等以内の姻族)
  3. 記名被保険者又は配偶者の別居している子供

※記名被保険者とは主に車を乗る人で通常契約者と同一であることが多いですが別々にかけることも可能です。

同居している親族(6親等以内の血族と3親等以内の姻族)は下の表のとおりになります。

 

出典:ウィキペディアより

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください