車両保険の免責について

車両保険の免責について

自動車保険の中で使われる「免責」とは、保険金として支払われる金額から免責部分を控除して保険金が支払われるシステムでその分保険料を安くするというものです。

免責をつけた場合の具体例を示すと以下のとおりになります。

車両の修理代30万円に対し、免責が5万円つけていた場合

保険会社から支払われる保険金は、30万円(修理代)-5万円(免責分) = 25万円となります。

修理代は30万円かかるため、5万円が契約者の自腹となって支払われる訳です。

 

車両保険に免責をつける意味とは?

免責のつけ方

免責金額の設定の仕方は、通常1回目の免責設定額と2回目以降の免責設定額で金額が異なるのが普通です。

免責設定額が大きいほど保険料の割引料は大きくなります。また事故が多い人には制限がかかることもあり、7等級以下の人は免責のゼロ設定ができないこともあります。

例えば

パターン① 1回目の事故:免責ゼロ、2回目以降の事故:免責10万円

パターン② 1回目の事故:免責5万円、2回目以降の事故:免責10万円

パターン③ 1回目の事故:免責10万円、2回目以降の事故:免責20万円

車両保険が支払われないケース

車両保険には保険会社が支払わなくて良い免責事項というものがあります。

以下の内容だと車両保険は一切支払われないので注意が必要です。

  • 飲酒運転、薬物使用など、正常な運転ができないと考えられる状況での事故
  • 無免許運転、盗難した車両の運転などでの事故
  • 地震、噴火、津波、暴動、戦争などの予測不能な災害による事故

 

補足:上記ケースでも支払われる保険もある。

対人賠償など上記場合であっても保険金が支払われる場合もありますが、基本的には被害者の救済という観点から保険金が支払われるものであって、不法行為を行った者に対して保険での救済措置はありません。

車両保険が支払われないのであって全ての種類の保険金が一切支払ってもらえない訳でないことに注意です。

 

保険利用した場合の等級について

車両保険を利用した場合には、等級は下がります。下がり幅については次のとおりです。

交通事故や転落、他物の衝突事故の場合 ・・・3等級ダウン

飛石、火災、盗難、いたずら等の場合 ・・・1等級ダウン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください