等級の中断証明~自動車保険

等級の中断証明~自動車保険

転勤や転職などの理由で車を手放すことになり自動車保険を解除することがあると思いますが、この時にぜひ取っておきたい手続きが中断証明になります。

「中断証明書」があれば10年以内に再び自動車保険を契約する際に過去に築いた等級を復活して契約することが可能になります。

等級の譲渡の手続きとも併用すれば、車に乗らなくなった親が同居の子供が大きくなって車に乗るようになったときに譲渡することも可能なので将来使う予定がなかったとしても念のため中断証明書を取得することをおすすめします。

中断証明書の発行について

中断証明を発行するための条件

中断証明書を取得するための条件は以下のようになります。

  • 自動車保険を解約するときまでに車両の譲渡、廃車などで手放していること、又は車検が切れている等で乗れる状態にないこと
  • 中断前の等級が7等級以上であること

中断証明書の発行に必要な書類

  • 保険会社発行の中断証明取得依頼書
  • 車両の廃車、譲渡などの証明書
  • 自動車保険証券の写し

 

中断証明書の使用方法

中断証明書を利用し、自動車保険に加入する場合には車の車検証の写しと併せて中断証明書を添付します。

等級を復活させるときの注意点について

中断証明書の中断日から、再開するまでの期間が10年以内であること

自動車保険に加入するための車を取得してから1年以内であること(保険会社によっては1月以内という会社もあります)

中断前後で車の所有者・被保険者・車の用途・車種区分が同一であること

新しい車を取得してからの再加入可能期間は1ヶ月となっている保険会社もありますので、新たに車に乗り始める時は、なるべく早く保険に入るようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください