怪我がなくても自分の自動車保険から支払われる保険金について

怪我がなくても自分の加入している保険会社から出る保険

事故で怪我がなくても自分の保険会社から出る保険については、本来は怪我の治療のための保険です。

被害者が”怪我がない”と感じても、数時間後に容体が悪化することもあるため、事故後はすみやかに病院で受診する必要があります。

「怪我がなくても自分の保険会社に保険金を請求できる」のは、病院で受診し、結果的に『怪我がない』と医師が判断する必要があり、病院に行かず、怪我もないときには保険金の請求はできません。

自分の保険会社から出る保険について

交通事故の被害者として怪我をした場合には、加害者が治療費や慰謝料を支払うものですが、自分の加入している任意保険からも保険金の支払いを受けられることが多いです。

治療が終わった段階で、自分の保険会社に連絡して出る保険がないか確認すると、保険会社や内容によって変わってきますが、一般的には入院1日あたり5,000~20,000万円、通院1日あたり2,000円~5,000円の保険金が支払われます。

後遺障害などが残る場合には更に増額されます。


この自分の保険会社から支払われる保険金の嬉しいポイントは以下のとおりです。

  • 保険をつかっても等級は下がらない
  • 怪我をしていないと診断されても、病院で検査を受けた場合には保険金が支払われる。
  • 同乗者に対しても保険金が支払われた。
  • 保険会社間で主な書類のやりとりをしてくれたため、簡単な手続きで終わる
  • 相手との示談額と関係がないため、単純に上乗せでもらえる

怪我がなくても自分の保険会社から保険金の支払があったケース

私は追突事故を受けたことがあり、怪我はなかったのですが保険会社の勧めで病院で、念のため診断を受けたときに、自分の保険会社から保険金として1万円頂きました。

病院での受診費用は加害者側が負担しているため、不安を解消して安心できたうえに保険金も頂けて嬉しかったです。

また事故があったときに、私の車に同乗していた会社の同僚にも怪我はありませんでしたが、一緒に病院に行ったところ、同僚に対しても私の保険から保険金が支払われた聞きました。

当然、等級は下がる事もなかったですし、病院の領収書など診断を受けた証明書などについても実際に支払った相手の保険会社との間でやりとりをしてくれたため、煩わしい書類の提出もありませんでした。

軽微な事故であっても、何かあると大変なので、保険会社に相談して念のため病院で受診することをお勧めします。

なんの保険なのか?

自分の保険会社から支払われる保険は、『人身傷害補償保険』の補償になり、これらの保険は、契約の車両での事故があった場合、運転手や同乗者に対して過失割合に関係なく保険金が支払われ、任意保険に加入する場合にセットとして含まれていることが多いです。

人身傷害補償保険は、被保険者の家族であれば契約車両以外の車に乗車して事故に遭った場合でも補償を受けることができるほか、歩行中や自転車に乗っているときに事故に遭って怪我をした場合にも補償を受けることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA