自動車保険の車両料率クラスについて

自動車保険の車両料率クラスについて

自動車保険は、この事故実績から様々な点から保険料を算定しており、そのひとつに車両料率クラスというものがあります。

車両料率クラスとは、保険に加入する車によって保険料が変動するというものです。

これは運転手だけの属性ではなく、車の種類によってもスピードが出る車だと事故になりやすいなどの発生率や外車などのように事故になった場合に部品代が高く修理代がかさむなどの理由から支払われる保険金の大きさなど細かい分析から算定されています。

 

車両料率クラスの内容について

車両料率クラスは事故率、保険金の支払い状況などから9つの段階に分類されています。
車種別クラスは下記のとおりになります。

車両料率クラスには「対人賠償」「対物賠償」「傷害(人身傷害・搭乗者傷害)」「車両保険」の4つの項目に分け、自動車保険に加入する車の型式ごとに4つの項目を区分しています。数字が小さいものほど保険金の支払実績が少ないもので保険料が安くなり、数字が大きいものほど保険料が高くなります。

車両料率クラスの具体例

 

車種 対人 対物 傷害 車両
コンパクトカー 3 3 4 3
スポーツカー 6 5 4 9

 

スポーツカーは盗難の対象になりやすく、修理代も高額になる傾向になるため車両保険の料率が高い

※この表では説明のしやすさのために、ざっくりした分け方になっていますが、車ごとに詳細に分かれています。

車両料率クラスの変更について

車両料率クラスは年に1度は見直しが行われているため、車両料率クラスが変わったことにより保険料が増減することがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください