自動車保険の等級の譲渡について~「吐き出し」「押し出し」

自動車保険の等級の譲渡

自動車保険の等級の譲渡について

自動車保険の割引制度である「等級」は同居家族に引き継ぐことが可能になっています。

同居の子供が社会人になって車に乗るようになった場合に年齢が若いため保険料がとても高いものになりますが、少しでも保険料の負担を減らすために「等級」をあげる、譲渡することができます。保険会社の用語では「吐き出し」「押し出し」と呼ばれる制度の事です。

等級が譲渡できる場合は以下の場合になります。

  • 配偶者(内縁含む)間での自動車の譲渡
  • 同居の親族間での自動車の譲渡
  • 個人事業主が法人化したときに個人から法人への譲渡
  • 法人が解散時の法人から個人への譲渡など

 

等級の譲渡が有効な具体例

20歳になった同居の子供が車に乗るようになった場合には。通常子供は新規契約で6等級からのスタートになるのが普通です。

ですが21歳未満の若者が運転する自動車保険の保険料はとても高いので父親が持つ自動車保険の等級を譲渡すると、子供は20等級の割引を利用した自動車保険に加入することができるようになります。

この場合、譲渡した側の父親は新規で自動車保険に加入することになり、ふたたび6等級からのスタートとなりますが、高年齢であることから自動車保険の保険料はそもそも安いものであり、加えてゴールド免許による割引、走行距離など安くなる要素があります。

一般的には家族の家計で考えるのであれば、保険料が高い契約に割引をかけた方が安くなるため、同居の家族であれば等級を譲渡することがおすすめです。

 

等級の譲渡の注意点

この等級の譲渡には制限があって、利用するためには一定の条件があります。

特に注意しなければいけないのは次の点です。

  • 配偶者か同居の親族である
  • 車両の交換では適用できない

配偶者と同居の親族でしか利用できない

前提として等級の譲渡ができるのは配偶者間か同居のご親族である必要があります。
そのため実家を離れて暮らしている子供では適用できないので、この場合は実家を出る前に自動車保険の契約をする必要があります。

しかし等級を譲渡する父が単身赴任などで遠方にいる場合で配偶者と同居する子供であれば等級の譲渡が可能になります。
また配偶者は内縁でも構わず、また同居の親族であれば甥や姪といった方でも等級の譲渡は可能になります。

車両の単純交換では等級は譲渡できない

等級の譲渡は背景として「ご家庭で利用する自動車の増車」や「自動車保険に加入している自動車を廃車」であることを前提にした制度となっています。

そのため車両数の増減がなく単純な保有者の入れ替えでは利用することができないので注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください