自動車保険の告知義務違反と通知義務違反について

自動車保険の告知義務違反と通知義務違反について

自動車保険には告知義務違反や通知義務違反というものがあります・

悪質な場合には保険会社から自動車保険を解除され、事故にあっても保険金が支払われないこともありますので注意が必要です。

告知義務・通知義務について

契約時の告知事項は、過去の事故発生率などのデータから保険料が増減する要素になっているため特に重要視されている部分です。

自動車保険の契約時に保険会社に求められた告知事項を正確に情報提供しなければならないことを告知義務と言います。

通知事項については告知されて作成された契約内容につき、危険負担などが増えるなどした場合に保険料が不足する可能性もあるため、変更が生じた場合に通知することを求められます。

自動車保険の契約者は通知事項に変更があった場合にはすみやかに保険会社にその旨を正確に伝えなければいけない義務があり、これを通知義務といいます。

告知や通知の義務の内容について

告知義務

被保険自動車の種類や用途・・・車の車種や登録番号、使用目的、車の仕様など

記名被保険者の情報 ・・・生年月日、運転免許の色

契約台数 ・・・自動車保険に契約している車両の台数など

前契約の内容 ・・・等級や重複保険契約の内容、事故の有無

 

通知義務

被保険自動車の用途車種、登録番号の変更、被保険者の自動車の使用目的の変更など

 

告知義務、通知義務以外の連絡事項

契約者の住所や電話番号など連絡先に変更があった場合には保険会社に遅滞なく連絡しなければなりません。

また契約内容の変更に近いものですが、運転者の年齢条件の変更、運転者の範囲の変更、車の入替があった場合にも連絡しなければなりません。

手続きをきちんと済ませてなければ保険金が支払われない可能性があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください