交通事故の重過失事故とは?「重過失減額制度」について

交通事故の重過失事故とは?

重過失事故とは、被害者側に70%以上超える重大な過失がある事故のことをいいます。

交通事故で死亡や後遺症、傷害などを負った被害者は、その被害額のうち、相手の過失分相当額しか請求することができないため、被害者が圧倒的に悪い場合には、ほとんど損害賠償請求ができなくなります。

そこで自賠法では、重過失事故となった被害者を救済する観点から「重過失減額制度」による保険金の支払いが行われています。

重過失減額制度について

交通事故の人身事故となった場合には、自賠責保険から保険金が支払われますが、過失割合どおりの減額にならず、重過失減額制度による計算方法で保険金が支払われます。

関連記事:自賠責保険の保険金の支払い上限について

被害者の過失割合 死亡や後遺症の場合 傷害の場合
70%未満 減額なし 減額なし
70%未満以上、80%未満 20%減額 20%減額
80%未満以上、90%未満 30%減額 20%減額
90%未満以上、100%未満 50%減額 20%減額
100% 100%減額 100%減額

 

重過失減額制度の注記事項

  • 過失割合が100%となる場合には、自賠責からの保険金も支払われません。
  • 損害賠償額が20万未満の場合には、減額されません。
  • 重過失減額を受けて、20万円以下になった場合には、20万円が支払われます。

参考文献:自賠責保険支払基準‐国土交通省

 

計算方法について

【仮定】被害者の過失が80%で、損害賠償請求が5,000万円と算定された場合

5,000万円 × 50%(減額率)=2,500円の減額を受けるため、保険金の支払金額が2,500万円になります。

この金額は3,000万円以下なので、2,500万円は全額支払われることになります。

人身傷害補償保険の可能性について

被害者側の自動車保険で人身傷害補償保険を利用できる場合には、自分の過失分の補償を受けられる可能性があるため、保険会社に相談することをおすすめします。

この人身傷害保険は、自動車に乗っていなくても、また自分で保険に入っていなくても家族が自動車保険に加入されている場合には、補償を受けられる可能性があるので、ぜひ確認してみるのが良いです。

関連記事:人身傷害補償保険について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA