高速道路のセンターラインのワイヤーロープの絶大な効果について

高速道路での正面衝突事故は、大事故につながるため、国土交通省ではワイヤロープの効果についての検証を行っていました。

その検証内容は、有料高速道路のセンターラインに設置しているラバーポールから『ワイヤロープに変えてみるとどうなのか?』というものです。

我が国の高速道路(有料)の約3割を占める暫定二車線区間については、その大部分が上下線をラバーポールで区分する構造となっていますが、反対車線への飛び出し事故が発生するなど安全性の課題が指摘されています。

この暫定二車線区間では、平成27年には、334件※の反対車線への飛び出し事故が発生し、死亡事故の発生確率が四車線区間の約2倍となっています。

これまで、機動的な四車線化や付加車線の設置検証を進めているところですが、命を守る緊急性に鑑み、緊急対策として、ラバーポールに代えてワイヤロープを設置することによる安全対策の検証を行うこととしましたので、お知らせします。

国土交通省『高速道路の正面衝突事故防止対策について

検証内容について

全国にある暫定二車線区間(片側一車線)の1000kmのうち、約100kmの区域でラバーポールからワイヤロープに切り替えて、その適用性を検証するというものです。

出典:国土交通省『高速道路の正面衝突事故防止対策について(報道用資料)より

ワイヤロープの実際の効果について

検証結果については、絶大な効果がありました。

片側一車線の道路でも対向車線にはみ出しての正面衝突事故を防ぐために、全国113kmの場所でポールの代わりにワイヤーロープを設置したところ、実験区間での対向車線への飛び出し事故が約半年間で1件にまで減少し、その前の1年間の45件から大幅に改善することができたというものです。

高速道路会社が設置したカメラがとらえた事故の映像では、乗用車がセンターライン上のワイヤロープにぶつかって大破するものの、速度も出ていることもあり、衝突のはずみで元の車線に戻されるため、対向車との衝突は免れているものが多いです。

ワイヤロープの可能性について

ワイヤロープの特徴については、次の有効性もあることから、今後も広がり、重大事故の防止に役立っていくものと思われます。

(1)高い衝撃緩和性能

ワイヤロープは衝突をロープで受け止めるため、衝突車両へのダメージを軽減し、また反動で元の車線に戻すため、対向車線に飛び出すの防ぐ効果が高かった。

(2)狭い幅で設置可能

ワイヤロープは、支柱が細く、幅員が狭い道路であっても十分に設置が可能なため、場所を選ばず設置できるメリットがある。

(3)短時間で簡単に設置

構造は簡単なものなので、設置が短時間で行えるため、普及するのに時間がかからない。

(4)コストパフォーマンス

ほかのガードレールや中央分離帯などの工事と比較して、低価格のコストで安全を実現できる。

こういった取り組みにより、一件でも悲しい事故が減ることを期待しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA