任意保険の保険金が支払われるまでの流れについて

保険金が支払われるまでの流れについて

任意保険の保険金が支払われるまでの流れは次のようになります。

1.交通事故の発生

交通事故が起こった場合には、怪我人の救済と警察への連絡、そして運転者自身も病院に行き医師の診断を受けることを忘れないことが大切です。

特に警察への連絡を絶対に忘れないようにする必要があります。

警察への連絡を怠ると、事故証明を取得することが困難になり、保険金の支払いを受けるのが難しくなります。

2.保険会社への連絡

保険会社へ事故が起こってから60日以内に連絡する必要があります。

これを怠ると保険会社の保険金支払いの免責事項に該当するため、保険金を支払ってもらえない可能性が出てきます。

たとえ保険金の請求するつもりがない場合であっても、後日被害者にどんな後遺傷害が発症するかわからないので保険会社への連絡をした方が良いです。

仮に連絡したとしても保険金を請求しないということはできますが、連絡しなければ保険金を支払ってもらえないことになります。

3.示談交渉・裁判・調査

損害賠償額や過失割合の示談交渉

交通事故における損害賠償額は、怪我のレベルや治療費、後遺傷害、車の損害等の物損等、被害は広く発生するため時間を必要とします。

また損害賠償額が決まれば、すぐに保険金で損害賠償できるという訳ではなく、相手に過失がある場合には過失相当額については負担する必要がないため過失割合などの示談が行われます。

損害賠償額や過失割の示談交渉は、両者でもめると時間がかかりますし、裁判になると更に長期化することもあります。

飲酒運転・故意など保険を支払わない事由に該当しないかの調査

相手がいない場合であっても、保険会社が違和感を感じる怪しい事故については調査が入り、慎重に対応することがあります。

具体的には、深夜に単独事故で自分の車を全損させたり、自身で怪我を負った場合の治療費などの保険金請求です。

相手がいないため示談する必要もなく、車の全損価格や治療費などは明確にすぐにわかるものですが、深夜であれば飲酒運転を疑われ、人気がないところでの事故をは故意性を疑われます。

こういった保険会社が事故について怪しいと感じたケースの場合は、「保険金を支払ない事由」に該当するかどうか、調査会社に確認してもらうことがあります。保険会社からなかなか保険金を支払ってもらえず、理由が「調査中」と言われた場合は、ほとんどの場合、疑われて調査されていますので待つしかありません。

4.保険金の請求・支払い

保険金については基本的に示談が成立し、損害賠償が明確にならなければ保険金は支払われません。

しかし示談成立前でも払ってもらえる保険金もあり、保険会社の一括払いや自賠責保険などの仮渡金本請求がこれにあたります。

任意保険の保険金請求について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください