自転車が自動車の左折に巻き込まれた場合の過失割合について

交差点では双方の信号機が青であるため、左折車に巻き込まれる自転車の事故は非常に多いです。

歩行者が青の横断歩道上ではねられた場合には過失は生じませんが、自転車が左折車両に巻き込まれた場合には車両として取り扱われるため、過失が生じる可能性があります。

直進自転車と左折自動車の交通事故

信号機が双方、青である場合を前提とします。

直進自転車と先行左折自動車が衝突した場合

自転車 10 : 左折自動車 90

左折中の車両に後ろから来た自転車がぶつかった場合では、基本過失割合は、自転車に10%生じることがあります。

二輪車を追い越した車両が左折に巻き込んだ場合

自転車 0 : 左折自動車 100

自転車を追い越した車両が、左折で巻き込んだ事故の場合です。

対向方向の直進自転車と左折自動車が衝突した場合

自転車 15 :左折自動車 85

左折車両に前から来た自転車がぶつかった場合の事故です。

修正要素

いずれの事故の場合でも、基本過失割合には次のような修正が行われます。

修正項目は非常に多岐に及ぶため、よくあるものをご紹介します。

自転車 自動車
自転車の著しい前方不注意 +10
児童・高齢者が運転する自転車 +10
自動車の合図遅れ +5
自動車の合図なし +10
自動車の徐行なし +10
自動車の直近左折 +10
自動車の重過失 +20

 

また自転車の二人乗り、ジグザク運転、速度超過、犬の散歩、携帯電話の使用によっても10~30%の調整が入ることがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA