東京海上日動のドライブレコーダー付き自動車保険は、想像を超えた驚きのサービス内容だった。

あおり運転による事故の報道から、ドライブレコーダーが飛ぶように売れていましたが、自動車保険会社から【ドライブレコーダー付き自動車保険】という新たなサービスが出てきました。

しかも、このドライブレコーダーは、ただのドライブレコーダーではありません。

驚きのドライブレコーダーの性能

NHKのニュースを見て、この商品の存在を知ったのですが、正直びっくりしました。

この保険は、自動車保険に加入することで、契約者にドライブレコーダーが貸し出されるサービスですが、事故の映像をただ記録するためだけのものではありません。

このドライブレコーダーには通信機能がついていて、ボタンひとつで事故受付センターに連絡をすることができるため、自分の居場所をうまく説明できないような場所であっても、受付センターに正確に情報が伝わります。

また事故で強い衝撃を受けた場合でも、その前後の映像がセンターに自動送信されて、オペレーターから連絡が入るため、単独事故で意識を失っていても助かる可能性が高まるというのは1分1秒を争う事故では本当に重要なことです。

 

東京海上日動の『ドライブエージェント パーソナル(DAP)』

わたしは、東京海上日動とは別の自動車保険に加入していますが、この保険は正直すごいなぁと感じました。

事故を起こして一番困る部分が、ほんとうに上手にケアされていると思います。

東京海上日動の『ドライブエージェント パーソナル(DAP)』

『安心・安全』をお届けする3つのサービス

(1)高度な事故対応

  • 自動で事故連絡を行い、ドライブレコーダーで通話が可能で、事故直後の不安が解消されるだけでなく、状況に応じて消防などへの通報も行ってもらうことができます。
    見知らぬ土地で自分の居場所をうまく説明できないことは、本当に多いです。
  • 事故映像を自動的に記録・送信されるため、説明の負担が大きく軽減され、事故解決に向けて送信された映像を活用することができます。
    映像が相手にも届いているため、誤認が減り、相手に理解してもらえていることは、本当に安心感が得られると思います。

(2)事故防止支援

  • 運転時の天候、時間帯や車の速度や過去の運転傾向から、危険な場所を予測し、危険な場所を警告してくれるシステムです。
  • 車線逸脱時の音声メッセージ、急ブレーキや急発進、急ハンドルの操作があった場合にも注意喚起をしてくれて、居眠り運転やわき見運転の事故防止に役立ちます。

(3)安全運転診断

  • 契約更新時などの一定の期間ごとに、お客様の運転特性をもとに専用のレポートをご提供するサービス

 

ドライブレコーダー付き自動車保険は、自分の身も心も守ってくれる内容だったことに、ちょっと驚きと感心がわきました。

ドライブレコーダーの使用料は、月額650円であるため、あまり安いとは言えないものですが、映像を記録するだけでなく、事故時のいちばん辛い部分をケアしてもらえるサービス料として考えれば十分な感じがします。

ドライブレコーダーの購入や入替えを考えている方には、ぜひ伝えたいサービスでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA