自賠責保険の被害者請求と事前認定について

自賠責保険の被害者請求と事前認定について

交通事故が原因となった後遺障害が認められた場合には、通常の慰謝料とは別に「後遺障害慰謝料」と「逸失利益」を請求することができます。

この後遺症を認めてもらうための手続きが「後遺障害の申請」と呼ばれるものです。

「後遺症の申請」は自賠責保険に申請するのですが、加害者がやるのか、被害者がやるのかで2種類に分かれ、呼び方も変わります。

事前認定とは?(加害者側の申請)

事前認定とは加害者側の任意保険会社が、すべての「後遺障害の申請」に必要な資料等を作成し、自賠責保険に申請を行うもので主流のやり方になります。

加害者が悪いのですから手続して当然と思うと思いますが、実際に慰謝料を払うことになる加害者側の保険会社という利害関係者が手続きするので、最終的な損害賠償請求額は数百万円単位で下がることが多いです。

書類は被害者に見せる事なく勝手に進んでいくため、おかしな点があっても被害者は気づけないというリスクもあります。

ですが、このやり方が主流になっていてほとんどの申請は事前認定にて行われます。

被害者請求とは?(被害者側の申請)

被害者の側から自賠責保険会社に対して、後遺障害等級認定を申請する方法を被害者請求といいます。

被害者請求は被害者側から直接自賠責保険に請求するため、被害者側が自ら書類や資料を揃えなければいけないという負担が生じます。

しかし利害関係者である相手保険会社に一任する事前認定と比べて、適正な結果となる可能性が高く、また被害者自身で書類を書くため内容の確認もできます。

専門家に依頼し、提出資料の内容を精査した上で申請することも可能です。

事前認定と被害者請求について

多くの方が実践する事前認定は相手保険会社が必要な手続きをすべてやってくれるだけでなく、保険金の支払い窓口が一本化したり、すぐにお金を払ってくれるなど便利なサービスをたくさん提供してくれます。

しかし、このサービスを受けることで数百万円から数千万円の損害賠償請求額が減少するというリスクを背負うことになり、便利さの代償としてはとても大きな負担になります。

後遺障害のように慰謝料が莫大な金額で変動するようなケースの場合には、弁護士に相談するのが良く、ご自身だけで決めず、交通事故に詳しい弁護士に相談しながら進める事をおすすめします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください