自賠責保険の仮渡金の請求方法

自賠責保険の請求方法

通常の自賠責保険の請求は、損害額が確定してから最後にまとめて請求します。

損害が確定するまでの治療費や通院費などがあっても、保険会社で立替えてくれるため、経済的な負担が生じません。

しかし、任意保険に加入していなかったなどの理由により、保険会社が利用できない場合には、治療費などは個人で立替える必要があります。

もしも裁判などに発展した場合には、解決までに時間がかかるため、治療費などの負担額がとても大きくなります。

そこで自賠責保険には、損害額の確定を待たずに当座の生活や治療費の損害賠償の支払いをする仕組みがあります。

仮渡金の請求方法

仮渡金は、当面の治療費や生活費が必要な場合に被害者が一度だけ請求できるもので、その条件額は損傷の大きさにより変動します。

被害者が請求してから書類に不備等がなければ1週間ほどで入金されます。

仮渡金の支払い基準

死亡者した場合 ・・・1人につき290万円

下記の傷害を受けた者・・・1人につき 40万円

脊柱の骨折で脊髄を損傷したと認められる症状を有する場合

上腕又は前腕骨折で合併症を有する場合

大腿又は下腿の骨折

内臓破裂で腹膜炎を起こした場合

14日以上入院を要する傷害で30日以上の医師の治療が必要な場合

 

下記の傷害を受けた者・・・1人につき 20万円

脊柱の骨折

上腕又は前腕の骨折

内臓破裂

入院を要する傷害で30日以上の医師の治療を必要とする場合

14日以上の入院を必要とする場合

11日以上の医師の治療を要する傷害を受けた者1人につき 5万円

請求に必要な書類

仮渡金支払請求書

交通事故証明書

事故発生状況報告書

医師の診断書または死体検案書(死亡診断書)

印鑑証明書

委任状および委任者の印鑑証明書

戸籍謄本

請求期限

加害者請求

損害賠償金を支払ってから3年以内

 

被害者請求

傷害 ・・事故発生日から3年以内

後遺障害・・症状が発生してから3年以内

死亡 ・・死亡してから3年以内

自賠責保険は3年で時効となり、保険金の請求する権利が消滅するため、請求が遅れる可能性がある場合には時効中断の制度等の利用を各損害保険会社に相談することをお勧めします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください