自賠責保険の保険金請求方法の種類について

自賠責保険の保険金請求方法の種類について

自賠責保険は交通事故により人を死傷させた場合に保険金が支払われますがその請求方法は「加害者請求」と「被害者請求」の2種類があります。

加害者請求

自動車賠償責任保障法第15条請求

交通事故の加害者が、被害者に支払った治療費や賠償額を支払うために自賠責保険会社へ保険金の請求を行うのが”加害者請求”です。

加害者が、被害者に損害賠償等を支払った証拠となる領収書や、その他必要書類を添えて保険金を請求する方法となります。

一括払い制度

加害者請求のひとつで加害者が任意保険に入っている場合、任意保険会社が自賠責保険として請求できる分も一括して被害者に賠償金として支払い、後ほど加害者に変わって自賠責に請求する方法を言います。

この制度の利用が多く被害者は自賠責保険会社や加害者と任意保険会社に対する請求手続きが簡単になります。

しかし任意保険会社との示談がこじれた場合など任意保険会社は、この制度を打ち切ることなどをほのめかしたりして示談を有効に進めようとすることもあり、場合によっては自賠責保険会社に対して被害者請求をした方が良いこともあります。

 

 

 

 

被害者請求

自動車賠償責任保障法第16条請求

示談がこじれるなど加害者側から十分な賠償を受けることができない場合に、最低限の賠償を自賠責保険会社に被害者が自ら請求することもできる被害者請求があります。

被害者請求のメリットは後遺障害等級認定を求めることができ、後遺障害の等級に応じた自賠責の限度額の先取りも可能となります。

また保険会社に等級認定の手続きを任せる事前認定より、手続きの透明性は高くなります。

保険金の支払方法

  • 仮渡金請求や内払請求を行い、被害者が行った治療費等を保険会社が支払い、最後に清算して残金を支払う方法。
  • 被害者に治療費など建替えて頂き、最後にまとめて保険金を支払う方法

どちらも支払い方として良くある方法です。

損害状況により治療費等が高額になる場合には前者で、軽傷で治療費などがほとんどかからない場合には後者が選択される傾向にあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください