自賠責保険から支払われる死亡させた場合の損害賠償額

交通事故により、被害者を死亡させてしまった場合には、相手方が加入する自賠責保険から被害者1名につき3,000万円を上限に保険金が支払われることになります。

交通事故で亡くなった場合には、死亡保険金のように3000万円が支払われるのではなく、損害賠償額の上限としての3,000万円になります。

遺族が保険会社と示談で交渉すると2,000万円にも届かない事が多いので、被害者が死亡した場合には、交通事故に詳しい弁護士に相談する必要があります。

死亡させてしまった場合の損害賠償の対象になるもの

葬儀費

通夜・祭壇・火葬・墓石などの費用。最初に60万円が支払われます。立証することで追加で保険金が支払われます。(上限100万円)

 

逸失利益

被害者が死亡しなければ将来得たであろう収入から、本人の生活費を控除したもの。収入や扶養者の有無から算出

 

慰謝料

本人への慰謝料として350万円が支払われます。遺族の人数によって慰謝料が加算されていきます。

  • 1名:550万円
  • 2名:650万円
  • 3名以上:750万円
  • 扶養者がいる場合には200万円追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください