自賠責保険の内容と対象者について

自賠責保険について

自賠責保険は、強制加入の保険であり、車の取得時や車検時などに自賠責保険料を支払うものになっています。

自賠責保険の加入は保険会社以外にも自動車ディーラーや販売店、車検を実施している場所でも加入できます。

この保険に加入していなければ、罰則規定があり1年以下の懲役または50万円以下の罰金刑となることがあります。

また自賠責保険に未加入の車を運転した場合には、運転免許証から6点の減点となり免許停止処分となります。

自賠責保険の補償内容について

自賠責保険の補償内容と補償額について

傷害による損失

治療費関係 上限120万円

自賠責保険から支払われる怪我をさせた場合の損害賠償額

 

後遺傷害による損失

逸失利益・慰謝料等 上限3000万円(常時介護などは4000万円)

自賠責保険から支払われる後遺障害の等級別損害額

 

死亡した場合

葬儀費・逸失利益等 上限3000万円

※保険金額は被害者1名あたりの金額を表示しています。

自賠責保険から支払われる死亡させた場合の損害賠償額

自賠責保険の補償対象

また自賠責保険が補償する対象は、対人の中でも他人に該当する人のみです。

この「他人」の扱いは、任意保険とは異なるので注意が必要です。

自賠責保険における他人とは

血のつながりや同居している家族以外の他人ではなく「自動車の所有者」や「自動車の運転手」以外の人を指しています。

具体的に言うと、友達の所有する車を借りて、あやまって友達をはねてしまった場合には、その友達は車の所有車であるため他人にはなりません。

運転手でも車両所有者でもない同居の家族の場合には、自賠責保険上の“他人”に該当し、保険金が支払われます。

過去の判例では最高裁の判決で「夫が運転するクルマが自動車事故を起こしたとき、同乗していた妻は他人になるかどうかで争われた結果、「他人」と認められました。」

たとえ配偶者であっても、車の所有者でなければ他人となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください