1日からのちょい乗りに使えるドライバー保険って何?

ドライバー保険とは?

ドライバー保険とは、自分の自動車を持っていない人が車を借りて運転した場合に適用される自動車保険をいいます。

友人の車や兄弟の車など自動車所有者の保険適用から外れている場合には必須と思われます。

保険会社のパンフレットにはレンタカーの利用の際にも加入を薦めていますが、通常レンタカー会社は保険に加入してなければ事業をすることができないため、任意保険には絶対加入しています。

レンタカーの約款などで補償内容を確認して、補償内容に不安が残る場合には、ドライバー保険の加入の検討をするといいと思います。

保険の対象となる車両

保険が適用される車種は自家用8車種で大体の車が保険の対象になります。

何でも大丈夫という訳でないため注意が必要です。

対象となる自家用8車種は以下のとおり

  • 自家用普通乗用車
  • 自家用小型乗用車
  • 自家用軽四乗用車
  • 自家用普通貨物車(最大積載量0.5トン以下、0.5トン~2トン以下)
  • 自家用小型貨物車
  • 自家用軽四貨物車
  • 特種用途自動車(キャンピング車)
  • 二輪自動車、原動機付き自転車

自家用8車種でも保険の補償対象外となる車両

注意点は実質的に所有している車で起こした事故については適用されないことになります。

家族名義となっている自動車

役員として就任している会社の社有車

名義上他人所有の車でも頻繁に乗っている自動車

 

ドライバー保険の補償内容について

ドライバー保険の補償対象は対人・対物賠償、人身傷害補償保険、搭乗者傷害保険、自損事故保険などで保険金額を自由に設定できます。

保険会社の多くはドライバー保険を便利に選びやすくするため、予め保険金の設定を済ませたパッケージ化したプランで販売していることが多いようです。

選択できる追加オプションとして車両復旧費用特約車内手荷物等特約というものもあります。

車両復旧費用特約・・事故により運転中の借用自動車に損害が生じた場合にの修理代が出る特約。(免責設定もできる)

車内手荷物等特約・・事故により借用自動車の車室内やトランク内に収容等された個人資産に損害が生じた場合に保険金が出る特約(ゴルフバックなど)

 

ドライバー保険の保険料について

ドライバー保険は通常は1年契約ですが、24時間単位から入れる保険もあるためニーズにあった保険期間で加入することができる特徴があります。

※三井住友海上の1DAY保険(24時間単位型自動車運転者保険)では、500円/日からのプランがあります。

 

年齢制限による割引

通常の自動車保険と同様に年齢制限による割引がありますが、ドラーバー保険の場合は「21歳以上」と「21歳未満」の2種類で設定していることが多いです。

等級による割引

ドライバー保険にも通常の自動車保険と同様に等級制度の考え方があり、ドライバー保険に加入し1年間保険を使用しなければ1等級づつあがり、保険料も安くなる割引制度を利用できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください