自動車の購入は、値段が安いのに高い買い物になることがある。

自動車を買う時の注意点

車の購入価格は、値段で決まらない

100万円の車を買うときに現金のみで購入する場合には、車の価格は100万円で確定していますが、そうじゃない場合は値段と価格が一致していないことがあります。

具体的に説明すると下取車がある場合には、購入価格がわからない事があります。


A店 車の値段:100万円 = 現金 100万円

B店 車の値段:90万円  = 現金 80万円 + 下取車 10万円

同じ車なのに2つの店舗で価格が違う場合には、どちらが安いのか?

 

実は、これどちらが安いのかわからないのです。

 

 

それは下取り車に10万円以上の価値があることあるためです。

もしも下取車に10万円以上の価値があるならば、その含み益はすべてB店のものになります。

逆に10万円以下の価値である場合には損失がB店に計上されます。

そこでB店は、査定をしないのであればできるだけリスクがないように安く査定します。

 

ディーラーなどの大手では車の下取り価格に普通に5,000円とか10,000円とかつけてくることもあります。

もしも下取車に30万円の価値があるなら、A店100万円で購入きる車をB店で110万円で購入したことになり、B店の方が高い買い物になりますし、下取車の価値が20万円であればAB共に同じ価格での販売になります。

 

自動車の販売益より、下取車の販売益の方がずっと儲かる傾向にある。

実は車の販売で一番利益が出るのは下取車の価格差額だったりします。

堅い価格で下取り価格を設定しておけば、販売車両の価格を多少値引きしても十分下取車で利益が確保できるからです。

それゆえに下取車は査定もしないで堅い価格をつけられるより、買取専門業者に査定してもらった方が遥かに安全で損をしません。

地域差もあると思いますが、軽自動車の中古の販売では利益を10万円確保するのは非常に困難ですが下取車で10万円の利益確保は容易だと思っております。

本来であれば車の販売益が10万円しかないはずの販売店は、下取車があることで2倍近い利益を出すことが可能になります。

カンタン約3分のオンライン車査定などで、相場を把握することが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください