信号機のある交差点で自動車が歩行者をはねた場合の過失割合(直進車と歩行者の場合)

信号機のある横断歩道で自動車が歩行者をはねた場合の過失割合について

歩行者が赤信号を横断

歩行者が信号無視して、横断歩道を横断していた場合でも歩行者だけが悪い訳ではありません。

自動車 30 : 歩行者 70

歩行者側の信号機が青だった場合

自動車 100 : 歩行者 0

歩行者側が黄色(点滅)の信号時に横断し始めた場合

自動車 90 : 歩行者 10

※歩行者が横断歩道を渡っている途中に黄色になった場合は、青と扱います。

 

自動車側の信号機が黄色だった場合

自動車 50 : 歩行者 50

双方の信号機が赤だった場合

自動車 80 : 歩行者 20

 

調整項目

青信号の自動車に、歩行者が急に飛び出してぶつかった事故では、自動車が回避不能なタイミングだったと認められた場合には、歩行者の過失が100%になることがあります。

状況 調整
事故現場が住宅地、商業地域などの見通しの悪い場所 歩行者 ▲10%
被害者が児童、高齢者であった場合 歩行者 ▲10%
被害者が幼児であった場合 歩行者 ▲10%
自動車のスピード超過 自動車 +10~20%
わき見運転などの著しい過失、重大な過失 自動車 +10~20%
車検切れ、故障などの過失 自動車 +10~20%

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA