高速道路で同一車線の追突事故があった場合の過失割合について

高速道路で追突した場合の過失割合について

走行車線に停車した自動車に追突した場合

高速道路で同一車線上で、前方の車が走行車線で減速や駐停車し、後続の車が追突した事故の基本過失割合は、

前方の自動車 40% : 追突した自動車 60

一般道路では、追突側の過失が多くなるのですが、高速道路では基本的に駐停止が禁止されており、故障車やガス欠などで駐停車する必要がある場合には路側帯に止め、停止していることについての処置をしなければいけません。

修正項目

  • 高速道路には最低速度が設けられており、走行車線で駐停車している状態は非常に危険な行為となるため、夜間や霧が発生して視界の悪い時状況では、前方で停車した車両には、さらに10~20%の過失が上乗せされます。
  • 後続車に故障などを知らせる三角板の設置を怠った場合も適切な処置をしてないとして、10%が加算されます。
  • 追突側に20km/h以上の速度超過が認められると10%が加算されます。
  • 前方の車両が急ブレーキを踏んだ場合には、前方の車両に10%が加算されます。
  • その他、高速道路の混雑状態などにも調整が入ります。
  • バイクの場合には、交通弱者として10%の調整が入ります。

急ブレーキをかけた自動車に衝突した場合

高速道路では、同一車線上の前方の車が急ブレーキをかけたため、後続車が追突した場合には、

前方の自動車 50% : 追突した自動車 50

修正項目

  • 高速道路には最低速度が設けられており、走行車線で駐停車している状態は非常に危険な行為となるため、夜間や霧が発生して視界の悪い時状況では、前方で停車した車両には、さらに10~20%の過失が上乗せされます。
  • 後続車に故障などを知らせる三角板の設置を怠った場合も適切な処置をしてないとして、10%が加算されます。
  • 追突側に20km/h以上の速度超過が認められると10%が加算されます。
  • 前方の車両が急ブレーキを踏んだ場合には、前方の車両に10%が加算されます。
  • その他、高速道路の混雑状態などにも調整が入ります。
  • バイクの場合には、交通弱者として10%の調整が入ります。

前の車が積載物を落下させ、それに衝突した場合

高速道路で前の車が何かを落とし、それにぶつかった事故の場合では、

前方の自動車 60% : 衝突した自動車 40

修正項目

  • 高速道路には最低速度が設けられており、走行車線で駐停車している状態は非常に危険な行為となるため、夜間や霧が発生して視界の悪い時状況では、前方で停車した車両には、さらに10~20%の過失が上乗せされます。
  • 後続車に故障などを知らせる三角板の設置を怠った場合も適切な処置をしてないとして、10%が加算されます。
  • 追突側に20km/h以上の速度超過が認められると10%が加算されます。
  • 前方の車両が急ブレーキを踏んだ場合には、前方の車両に10%が加算されます。
  • その他、高速道路の混雑状態などにも調整が入ります。
  • バイクの場合には、交通弱者として10%の調整が入ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA